ChemicalBook
Chinese english Germany Korea

(+)-カンファー

(+)-カンファー 化学構造式
464-49-3
CAS番号.
464-49-3
化学名:
(+)-カンファー
别名:
(+)-カンファー;d-(+)-しょうのう;(4α)-1β,7,7-トリメチルビシクロ[2.2.1]ヘプタン-2-オン;(1R,4α)-1β,7,7-トリメチルビシクロ[2.2.1]ヘプタン-2-オン;d-カンフル;(1R,4R)-1β,7,7-トリメチルビシクロ[2.2.1]ヘプタン-2-オン;ジャパニーズカンファー;(+)-カルホル;(1R,4R)-(+)-カンファー;(+)-2-ボルナノン;d-カンファー;(1R,4R)-1,7,7-トリメチルビシクロ[2.2.1]ヘプタン-2-オン;d-しょうのう;(+)-しょうのう;(1R,4α)-1,7,7-トリメチルビシクロ[2.2.1]ヘプタン-2-オン;[1R,4R,(+)]-1,7,7-トリメチルビシクロ[2.2.1]ヘプタン-2-オン;(+)-カンフル;(1R,4R)-ボルナン-2-オン;2-メチル-2β,5β-イソプロピリデンシクロヘキサノン;(+)-2-カンファノン
英語化学名:
D-CAMPHOR
英語别名:
d-camphre;FEMA 2230;D-CAMPHOR;camphorusp;Camphor usp;D(-)-CAMPHOR;D(+)-CAMPHOR;d-Camphor RS;R-(+)-Camphor;Camphor (1 g)
CBNumber:
CB0233316
化学式:
C10H16O
分子量:
152.23
MOL File:
464-49-3.mol

(+)-カンファー 物理性質

融点 :
178-182 °C (lit.)
沸点 :
204 °C
比旋光度 :
D25 +41 to +43° (c = 10 in U.S.P. alcohol) according to U.S.P. specif
比重(密度) :
0,99 g/cm3
蒸気密度:
5.24 (vs air)
蒸気圧:
4 mm Hg ( 70 °C)
屈折率 :
44.5 ° (C=20, EtOH)
FEMA :
2230 | D-CAMPHOR
闪点 :
148 °F
貯蔵温度 :
2-8°C
溶解性:
Slightly soluble in water, very soluble in alcohol and in light petroleum, freely soluble in fatty oils, very slightly soluble in glycerol.
外見 :
Crystals
色:
White
爆発限界(explosive limit):
3.5%
光学活性 (optical activity):
[α]25/D +44°, c = 10 in ethanol
水溶解度 :
Soluble in water (0.1 g/L at 20°C).
JECFA Number:
1395
Merck :
14,1732
BRN :
2042745
安定性::
Stable. Incompatible with strong reducing agents, strong oxidizing agents, chlorinated solvents. Protect from direct sunlight.
CAS データベース:
464-49-3(CAS DataBase Reference)
EPAの化学物質情報:
D-Camphor (464-49-3)
安全性情報
  • リスクと安全性に関する声明
  • 危険有害性情報のコード(GHS)
主な危険性  F,Xn,Xi
Rフレーズ  11-22-36/37/38-20/21/22-36
Sフレーズ  16-26-36-37/39
RIDADR  UN 2717 4.1/PG 3
WGK Germany  1
RTECS 番号 EX1260000
自然発火温度 870 °F
TSCA  Yes
国連危険物分類  4.1
容器等級  III
HSコード  29142910
化審法 (4)-308, (4)-601
安衛法 57,57-2
絵表示(GHS)
注意喚起語 Warning
危険有害性情報
コード 危険有害性情報 危険有害性クラス 区分 注意喚起語 シンボル P コード
H228 可燃性固体 可燃性固体 1
2
危険
警告
P210, P240,P241, P280, P370+P378
H302 飲み込むと有害 急性毒性、経口 4 警告 P264, P270, P301+P312, P330, P501
H315 皮膚刺激 皮膚腐食性/刺激性 2 警告 P264, P280, P302+P352, P321,P332+P313, P362
H319 強い眼刺激 眼に対する重篤な損傷性/眼刺激 性 2A 警告 P264, P280, P305+P351+P338,P337+P313P
H335 呼吸器への刺激のおそれ 特定標的臓器毒性、単回暴露; 気道刺激性 3 警告
注意書き
P210 熱/火花/裸火/高温のもののような着火源から遠ざ けること。-禁煙。
P240 容器を接地すること/アースをとること。
P241 防爆型の電気機器/換気装置/照明機器/...機器を使 用すること。
P261 粉じん/煙/ガス/ミスト/蒸気/スプレーの吸入を避ける こと。
P264 取扱い後は皮膚をよく洗うこと。
P264 取扱い後は手や顔をよく洗うこと。
P270 この製品を使用する時に、飲食または喫煙をしないこ と。
P280 保護手袋/保護衣/保護眼鏡/保護面を着用するこ と。
P305+P351+P338 眼に入った場合:水で数分間注意深く洗うこと。次にコ ンタクトレンズを着用していて容易に外せる場合は外す こと。その後も洗浄を続けること。
P370+P378 火災の場合:消火に...を使用すること。

(+)-カンファー 価格 もっと(27)

メーカー 製品番号 製品説明 CAS番号 包装 価格 更新時間 購入
富士フイルム和光純薬株式会社(wako) W01CHDASB-00003075 しょうのう, (+)-
Camphor, (+)-
464-49-3 1g ¥36300 2021-03-23 購入
富士フイルム和光純薬株式会社(wako) W01USP1087508 カンフル
Camphor
464-49-3 1g ¥73500 2021-03-23 購入
東京化成工業 C0010 (+)-カンファー >98.0%(GC)
(+)-Camphor >98.0%(GC)
464-49-3 25g ¥1700 2021-03-23 購入
東京化成工業 C0010 (+)-カンファー >98.0%(GC)
(+)-Camphor >98.0%(GC)
464-49-3 500g ¥8400 2021-03-23 購入
関東化学株式会社(KANTO) 07827-00 d‐カンファー(d‐しょうのう) >98.0%(GC)
d‐Camphor >98.0%(GC)
464-49-3 500g ¥9500 2021-03-23 購入

(+)-カンファー 化学特性,用途語,生産方法

外観

白色の結晶

定義

本品は、次の式で表されるケトンであり、クスノキ Cinnamomum camphora の木部から得られるか、又は合成される。

溶解性

エタノール及びアセトンに溶けやすく、水に溶けにくい。

化粧品の成分用途

変性剤、可塑剤、外用鎮痛剤、香料

効能

鎮痛薬, 抗炎症薬, 鎮痒薬

商品名

d−カンフル (小堺製薬)

確認試験

本品0.1gをメタノール2mLに溶かし,2,4-ジニト ロフェニルヒドラジン試液1mLを加えた後,水浴上で5分間 加熱するとき,だいだい赤色の沈殿を生じる.

定量法

本品及びd-カンフル標準品約0.1gずつを精密に量り, それぞれに内標準溶液5mLを正確に加えた後,エタノール (99.5)に溶かして100mLとし,試料溶液及び標準溶液とする. 試料溶液及び標準溶液2μLにつき,次の条件でガスクロマト グラフィー〈2.02〉により試験を行い,内標準物質のピーク 面積に対するd-カンフルのピーク面積の比Q T及びQ Sを求 める.
d-カンフル(C10H16O)の量(mg)=MS × Q T/Q S
MS:d-カンフル標準品の秤取量(mg)
内標準溶液 サリチル酸メチルのエタノール(99.5)溶液(1 →25)
試験条件
検出器:水素炎イオン化検出器
カラム:内径3mm,長さ3mのガラス管に,ガスクロマ トグラフィー用ポリエチレングリコール20Mをシラ ン処理した180~250μmのガスクロマトグラフィー用 ケイソウ土に10%の割合で被覆したものを充てんす る.
カラム温度:160℃付近の一定温度
キャリヤーガス:窒素
流量:d-カンフルの保持時間が約6分になるように調 整する.
システム適合性
システムの性能:標準溶液2μLにつき,上記の条件で操 作するとき,d-カンフル,内標準物質の順に流出し, その分離度は7以上である.
システムの再現性:標準溶液2μLにつき,上記の条件で 試験を6回繰り返すとき,内標準物質のピーク面積に 対するd-カンフルのピーク面積の比の相対標準偏差 は1.0%以下である.

純度試験

(1) 水分 本品1.0gに二硫化炭素10mLを加えて振り混ぜ るとき,液は濁らない.
(2) 塩素化合物 本品を粉末とし,その0.20gを乾燥した 磁製るつぼにとり,過酸化ナトリウム0.4gを加え,バーナー で徐々に加熱して完全に分解する.残留物を温湯20mLに溶 かし,希硝酸12mLを加えて酸性とした後,ネスラー管中に ろ過し,ろ紙を熱湯5mLずつで3回洗い,ろ液及び洗液を合 わせる.冷後,水を加えて50mLとし,硝酸銀試液1mLを加 えてよく振り混ぜ,5分間放置するとき,液の混濁は次の比 較液より濃くない.
比較液:0.01mol/L塩酸0.20mLを用いて同様に操作する. (3) 不揮発性残留物 本品2.0gを水浴上で加熱して昇華し, 更に105℃で3時間乾燥するとき,残留物は1.0mg以下であ る.

貯法

容器 気密容器.

使用上の注意

室温で徐々に揮散する。

化学的特性

white crystals

化学的特性

d-Camphor has a warm, minty, almost ethereal diffusive aroma. For other details of description, see Camphor Tree.

天然物の起源

Frequently occurring in nature as the d- or l-form; the optically inactive form is seldom encountered. The d-form has been reported found in Cinnamomum camphora Ness. (Laurus camphora L.) from China, Japan and the East Indies; in Sassafras officinale, Lavandula spica and in other Labiatae. The l-form is reported found in the essential oils of Salvia grandiflora, Matricaria parthenium, Artemisia herba alba; the optically inactive form is found in Chrysanthemum japonicum sinense. Also reported found in orange peel oil, lemon peel oil, apricot, raspberry, anise, cinnamon root bark, ginger, pepper, coriander, calamus, sweet fennel and rosemary.

使用

(R)-(+)-Camphor is a terpenoid with a wide variety of use. (R)-(+)-Camphor has insecticidal activity and is also used as an antimicrobial agent. (R)-(+)-Camphor is used as a culinary flavouring agent in parts of asia.

使用

analgesic, antiinfective, antipruritic

定義

ChEBI: The (R)- enantiomer of camphor.

Aroma threshold values

Detection at 1 to 1.29 ppm

Taste threshold values

Taste characteristics at 20 ppm: medicinal, camphoraceous, mentholic and woody.

一般的な説明

Colorless or white crystals. Sublimes. Flash point 149°F. Burns readily with a bright, smoky flame. Penetrating aromatic odor. Pungent, aromatic taste followed by a sensation of cold.

空気と水の反応

Flammable. Insoluble in water.

反応プロフィール

D-CAMPHOR is incompatible with strong oxidizing agents, strong reducing agents and chlorinated solvents.

火災危険

D-CAMPHOR is combustible.

Chemical Synthesis

Natural camphor is obtained by distillation from the plants of Cinnamomum or Laurus camphora from China and Japan, together with the corresponding essential oils; the raw camphor contains several impurities. It is separated from the water and the essential oil by pressure or by centrifugation and subsequently purified by sublimation or crystallization. Synthetic camphor is prepared from pinene isolated by fractional distillation of turpentine oil; pinene is reacted to bornyl chloride with gaseous HCl under pressure and then to camphene. The distilled and purified camphene is then oxidized to camphor with Na+ or K+ bichromate in the presence of H2SO4.

純化方法

Crystallise it from EtOH, 50% EtOH/water, MeOH, or pet ether or from glacial acetic acid by addition of water. It can be sublimed (50o/14mm) and also fractionally crystallised from its own melt. It is steam volatile. It should be stored in tight containers as it is appreciably volatile at room temperature. The solubility is 0.1% (H2O), 100% (EtOH), 173% (Et2O) and 300%

(+)-カンファー 上流と下流の製品情報

原材料

準備製品


(+)-カンファー 生産企業

Global( 195)Suppliers
名前 電話番号 ファックス番号 電子メール 国籍 製品カタログ 優位度
career henan chemical co
+86-371-86658258
sales@coreychem.com CHINA 29961 58
Shandong chuangyingchemical Co., Ltd.
18853181302
sale@chuangyingchem.com CHINA 5917 58
Chongqing Chemdad Co., Ltd
+86-13650506873
sales@chemdad.com CHINA 37282 58
Shanghai Standard Technology Co., Ltd.
18502101150
+86-21-57127007-6606 ft-sales@nature-standard.com CHINA 1923 58
Alchem Pharmtech,Inc.
8485655694
sales@alchempharmtech.com United States 63726 58
HENAN BON INDUSTRIAL CO.,LTD
0371-55170695
info@hnbon.com CHINA 26742 58
Zhuozhou Wenxi import and Export Co., Ltd
+8613111626072 (WhatsApp)
Wechat: +8613111626072 Wickr me: waynehu zzwenxi@126.com CHINA 13187 58
Antai Fine Chemical Technology Co.,Limited
18503026267
info@antaichem.com CHINA 9664 58
Zhengzhou Alfa Chemical Co.,Ltd
+86 13343822234
sales5@alfachem.cn;sales9@alfachem.cn;sale1@alfachem.cn;sales7@alfachem.cn CHINA 3270 58
Hebei Binshare New Material Co. Ltd
+8618633865755 +86-86-18633865755
china01@hbbinshare.com CHINA 981 58

464-49-3((+)-カンファー)キーワード:


  • 464-49-3
  • 7,7-trimethyl-(1r)-bicyclo(2.2.1)heptan-2-on
  • 7,7-trimethyl-(1theta)-bicyclo[2.2.1]heptan-2-on
  • Bicyclo[2.2.1]heptan-2-one, 1,7,7-trimethyl-, (1R)-
  • R-(+)-Camphor
  • D-(+)-Camphor,98%
  • CAMPHOR FLAKE, USP24
  • CAMPHOR, (+)-(SG)
  • (1R,4R)-(+)-Camphor
  • (1R,4R)-1,7,7-Trimethylbicyclo[2.2.1]heptan-2-one
  • Camphor, (1R,4R)-(+)- (8CI)
  • (+)-CAMPHOR 98+%
  • (+)-CAMPHOR WITH GC
  • Bicyclo2.2.1heptan-2-one, 1,7,7-trimethyl-, (1R,4R)-
  • (+)-Camphor, (1R)-1,7,7-Trimethylbicyclo[2.2.1]heptan-2-one
  • (1R)-(+)-Camphor, (1R)-1,7,7-Trimethylbicyclo[2.2.1]heptan-2-one
  • Camphor (1 g)
  • D(+)-CaMphor, 97% 500GR
  • (1R)-bornan-2-one
  • D-CAMPHOR REFERENCE SUBSTANCE FOR GAS CH
  • (1R)-(+)-CaMphor 98%
  • (1R)-(+)-Camphor solution
  • bicyclo[2.2.1]heptan-2-one,1,7,7-trimethyl-,(1R)-
  • Camphor usp
  • CAMPHOR, (1R,4R)-(+)-
  • camphorusp
  • d-2-Bornanone
  • d-camphre
  • Japanese camphor
  • japanesecamphor
  • (1R)-(+)-CAMPHOR
  • (+)-カンファー
  • d-(+)-しょうのう
  • (4α)-1β,7,7-トリメチルビシクロ[2.2.1]ヘプタン-2-オン
  • (1R,4α)-1β,7,7-トリメチルビシクロ[2.2.1]ヘプタン-2-オン
  • d-カンフル
  • (1R,4R)-1β,7,7-トリメチルビシクロ[2.2.1]ヘプタン-2-オン
  • ジャパニーズカンファー
  • (+)-カルホル
  • (1R,4R)-(+)-カンファー
  • (+)-2-ボルナノン
  • d-カンファー
  • (1R,4R)-1,7,7-トリメチルビシクロ[2.2.1]ヘプタン-2-オン
  • d-しょうのう
  • (+)-しょうのう
  • (1R,4α)-1,7,7-トリメチルビシクロ[2.2.1]ヘプタン-2-オン
  • [1R,4R,(+)]-1,7,7-トリメチルビシクロ[2.2.1]ヘプタン-2-オン
  • (+)-カンフル
  • (1R,4R)-ボルナン-2-オン
  • 2-メチル-2β,5β-イソプロピリデンシクロヘキサノン
  • (+)-2-カンファノン
  • D-2-カンファノン
  • アルカンファー
  • (1R,4R)-ボルナン-6-オン
  • dカンフル
  • (1R)-(+)-カンファー
  • D‐カンファー(D‐しょうのう)
  • しょうのう, (+)-
  • d-カンフル (JP17)
  • カンファー他 (可塑剤)
  • テルペン
  • 二環式モノテルペン
  • 機能性材料
  • 可塑剤
  • 生化学
  • 忌避剤
  • 局所消炎薬
  • 収斂薬
  • 鎮痛薬
  • 鎮痒剤
  • カンフル
Copyright 2017 © ChemicalBook. All rights reserved