縮合剤

縮合剤は縮合反応に添加された反応助剤である。一般的に触媒作用を果たす縮合剤及び縮合時に生成された分離原子又は原子団と結合した縮合剤を含む。エステル化反応における酸触媒、Friedl-Crafts反応における三塩化アルミニウム等は前者に属する;Wurtz-Fittig反応における金属ナトリウム等は後者に属する。 有機化合物の二つ又は複数の分子が水、アンモニア、塩化水素等の単純な分子を放出してより大きい分子を生成する反応は,縮合反応と呼ばされる。ある時に有機化合物の二つの分子が互いに作用し,単純な分子を放出せずに大きい分子を生成し,これも縮合(反応)と呼ばされ,例えばアルドール縮合。 縮合剤の選択は縮合剤反応のタイプ、反応物の構造、反応条件及び反応過程で除去された物質によって決定される。化学合成における保護基と縮合剤についは:核酸の化学合成において,原料モノマーとしてヌクレオシドと単一ヌクレオチドはいずれも多官能化合物である。それらは化学結合を行う時に,必要な反応基に加えて,その他の基も反応に参加し,これにより自然重合、間違った結合と分解等を経て複数の副産物を生成する。これは所望の生成物の合成の収率を低減するだけでなく,生成物の分離と精製に支障を来たす。合成生成物が天然の核酸と同じ3'-5 'ホスホジエステル結合構造とヌクレオチドの配列順を有することを保証するために,合成反応は高度の定向性と特異性を有する必要がある。結合反応で反応の必要がない基(例えば糖上のヒドロキシ基、塩基上のアミノ基及びリン酸上のヒドロキシ基等)をできる限り適切な保護基で保護することによって上記の問題を解決する。従って,保護基の選択は合成の成功と大きな関係がある。縮合剤の選択も非常に重要である。核酸の合成過程で主な反応はリン酸がリボース又はデオキシリボース中のヒドロキシ基と反応してリン酸ジエステル結合を生成する。現在一般的に活性が高くて副作用が少ない縮合剤がまずリン酸と反応して活性化リン酸を生成し,そしてヒドロキシ基と縮合するというプロセスを採用する。
Click on the specific product, view the latest prices of the products, information, serving information
Structure Chemical Name CAS MF
3,4-ジヒドロ-3-ヒドロキシ-4-オキソ-1,2,3-ベンゾトリアジン 3,4-ジヒドロ-3-ヒドロキシ-4-オキソ-1,2,3-ベンゾトリアジン 28230-32-2 C7H5N3O2
N,N,N',N'-テトラメチル-O-(N-スクシンイミジル)ウロニウムテトラフルオロボラート N,N,N',N'-テトラメチル-O-(N-スクシンイミジル)ウロニウムテトラフルオロボラート 105832-38-0 C9H16BF4N3O3
(7-アザベンゾトリアゾール-1-イルオキシ)トリピロリジノホスホニウムヘキサフルオロりん酸塩 (7-アザベンゾトリアゾール-1-イルオキシ)トリピロリジノホスホニウムヘキサフルオロりん酸塩 156311-83-0 C17H27F6N7OP2
1,1'-カルボニルジイミダゾール 1,1'-カルボニルジイミダゾール 530-62-1 C7H6N4O
1H-ベンゾトリアゾール-1-イルオキシトリス(ジメチルアミノ)ホスホニウムヘキサフルオロホスファート 1H-ベンゾトリアゾール-1-イルオキシトリス(ジメチルアミノ)ホスホニウムヘキサフルオロホスファート 56602-33-6 C12H22F6N6OP2
4,5-ジシアノイミダゾール 4,5-ジシアノイミダゾール 1122-28-7 C5H2N4
N,N,N',N'-テトラメチル-O-(N-スクシンイミジル)ウロニウムヘキサフルオロホスファート N,N,N',N'-テトラメチル-O-(N-スクシンイミジル)ウロニウムヘキサフルオロホスファート 265651-18-1 C9H16F6N3O3P
炭酸ジ(N-スクシンイミジル) 炭酸ジ(N-スクシンイミジル) 74124-79-1 C9H8N2O7
3-(ジエトキシホスホリルオキシ)-1,2,3-ベンゾトリアジン-4(3H)-オン 3-(ジエトキシホスホリルオキシ)-1,2,3-ベンゾトリアジン-4(3H)-オン 165534-43-0 C11H14N3O5P
O-[(エトキシカルボニル)シアノメチレンアミノ]-N,N,N',N'-テトラメチルウロニウムテトラフルオロボラート O-[(エトキシカルボニル)シアノメチレンアミノ]-N,N,N',N'-テトラメチルウロニウムテトラフルオロボラート 136849-72-4 C10H17BF4N4O3
O-(6-クロロベンゾトリアゾール-1-イル)-N,N,N',N'-テトラメチルウロニウムヘキサフルオロホスファート O-(6-クロロベンゾトリアゾール-1-イル)-N,N,N',N'-テトラメチルウロニウムヘキサフルオロホスファート 330645-87-9 C11H15ClF6N5OP
N-ヒドロキシ-5-ノルボルネン-2,3-ジカルボキシイミド N-ヒドロキシ-5-ノルボルネン-2,3-ジカルボキシイミド 21715-90-2 C9H9NO3
1-ヒドロキシベンゾトリアゾールN水和物 1-ヒドロキシベンゾトリアゾールN水和物 123333-53-9 C6H5N3O
ビス(2-オキソ-3-オキサゾリジニル)ホスフィン酸クロリド ビス(2-オキソ-3-オキサゾリジニル)ホスフィン酸クロリド 68641-49-6 C6H8ClN2O5P
4,4'-ジメトキシトリチルクロリド 4,4'-ジメトキシトリチルクロリド 40615-36-9 C21H19ClO2
6-Chloro-1-hydroxibenzotriazol 6-Chloro-1-hydroxibenzotriazol 26198-19-6 C6H4ClN3O
1-(p-トルエンスルホニル)イミダゾール 1-(p-トルエンスルホニル)イミダゾール 2232-08-8 C10H10N2O2S
O-(3,4-ジヒドロ-4-オキソ-1,2,3-ベンゾトリアジン-3-イル)-N,N,N',N'-テトラメチルウロニウムテトラフルオロボラート O-(3,4-ジヒドロ-4-オキソ-1,2,3-ベンゾトリアジン-3-イル)-N,N,N',N'-テトラメチルウロニウムテトラフルオロボラート 125700-69-8 C12H16BF4N5O2
N-ヒドロキシこはく酸イミド N-ヒドロキシこはく酸イミド 6066-82-6 C4H5NO3
HDBTU HDBTU 164861-52-3 C12H16F6N5O2P
N-ヒドロキシフタルイミド N-ヒドロキシフタルイミド 524-38-9 C8H5NO3
N,N,N',N'-ビス(テトラメチレン)-O-(N-スクシンイミジル)ウロニウムヘキサフルオロホスファート N,N,N',N'-ビス(テトラメチレン)-O-(N-スクシンイミジル)ウロニウムヘキサフルオロホスファート 207683-26-9 C13H20F6N3O3P
N,N,N',N'-テトラメチル-S-(1-オキシド-2-ピリジル)チオウロニウムヘキサフルオロホスファート N,N,N',N'-テトラメチル-S-(1-オキシド-2-ピリジル)チオウロニウムヘキサフルオロホスファート 212333-72-7 C10H16N3OS.F6P
ブロモトリス(ジメチルアミノ)ホスホニウムヘキサフルオロホスファート ブロモトリス(ジメチルアミノ)ホスホニウムヘキサフルオロホスファート 50296-37-2 C6H18BrF6N3P2
2-クロロ-1,3-ジメチルイミダゾリニウムテトラフルオロボラート 2-クロロ-1,3-ジメチルイミダゾリニウムテトラフルオロボラート 153433-26-2 C5H10ClN2.BF4
O-[2-オキソ-1(2H)-ピリジル]-N,N,N',N'-テトラメチルウロニウムテトラフルオロボラート O-[2-オキソ-1(2H)-ピリジル]-N,N,N',N'-テトラメチルウロニウムテトラフルオロボラート 125700-71-2 C10H16N3O2.BF4
O-(7-アザベンゾトリアゾール-1-イル)-N,N,N',N'-テトラメチルウロニウムテトラフルオロボラート O-(7-アザベンゾトリアゾール-1-イル)-N,N,N',N'-テトラメチルウロニウムテトラフルオロボラート 873798-09-5 C10H16BF4N6O
2-フルオロ-1,3-ジメチルイミダゾリニウムヘキサフルオロりん酸塩 2-フルオロ-1,3-ジメチルイミダゾリニウムヘキサフルオロりん酸塩 164298-27-5 C5H10FN2.F6P
Chlorodipiperidinocarbenium hexafluorophosphate Chlorodipiperidinocarbenium hexafluorophosphate 161308-40-3 C11H20ClF6N2P
O-(ベンゾトリアゾール-1-イル)-N,N,N',N'-ビス(テトラメチレン)ウロニウムヘキサフルオロホスファート O-(ベンゾトリアゾール-1-イル)-N,N,N',N'-ビス(テトラメチレン)ウロニウムヘキサフルオロホスファート 105379-24-6 C15H20F6N5OP
1,1'-Carbonyldipyrrolidine 1,1'-Carbonyldipyrrolidine 81759-25-3 C9H16N2O
クロロトリピロリジノホスホニウムヘキサフルオロホスファート クロロトリピロリジノホスホニウムヘキサフルオロホスファート 133894-48-1 C12H24ClF6N3P2
2-(2-メチルプロポキシ)-1(2H)-キノリンカルボン酸2-メチルプロピル 2-(2-メチルプロポキシ)-1(2H)-キノリンカルボン酸2-メチルプロピル 38428-14-7 C18H25NO3
O-(6-クロロベンゾトリアゾール-1-イル)-N,N,N',N'-テトラメチルウロニウムテトラフルオロボラート O-(6-クロロベンゾトリアゾール-1-イル)-N,N,N',N'-テトラメチルウロニウムテトラフルオロボラート 330641-16-2 C11H15BClF4N5O
(7-アザベンゾトリアゾール-1-イルオキシ)トリス(ジメチルアミノ)ホスホニウムヘキサフルオロホスファート (7-アザベンゾトリアゾール-1-イルオキシ)トリス(ジメチルアミノ)ホスホニウムヘキサフルオロホスファート 156311-85-2 C11H21F6N7OP2
1-ヒドロキシ-1H-1,2,3-トリアゾール-4-カルボン酸エチル 1-ヒドロキシ-1H-1,2,3-トリアゾール-4-カルボン酸エチル 137156-41-3 C5H7N3O3
1-エトキシカルボニル-2-エトキシ-1,2-ジヒドロキノリン 1-エトキシカルボニル-2-エトキシ-1,2-ジヒドロキノリン 16357-59-8 C14H17NO3
HNTU HNTU 208462-94-6 C14H20F6N3O3P
O-(ベンゾトリアゾール-1-イル)-N,N,N',N'-ビス(ペンタメチレン)ウロニウムヘキサフルオロホスファート O-(ベンゾトリアゾール-1-イル)-N,N,N',N'-ビス(ペンタメチレン)ウロニウムヘキサフルオロホスファート 190849-64-0 C17H24F6N5OP
N-(4-アミノブチル)-N-エチルイソルミノール N-(4-アミノブチル)-N-エチルイソルミノール 66612-29-1 C14H20N4O2
N,N,N',N'-テトラメチル-S-(1-オキシド-2-ピリジル)チオウロニウムテトラフルオロボラート N,N,N',N'-テトラメチル-S-(1-オキシド-2-ピリジル)チオウロニウムテトラフルオロボラート 255825-38-8 C10H17BF4N3OS *
  • 1
ホームページ | メンバー | 広告掲載 | お問い合わせ
Copyright © 2016 ChemicalBook All rights reserved.