ヘキサナール

ヘキサナール 化学構造式
66-25-1
CAS番号.
66-25-1
化学名:
ヘキサナール
别名:
ヘキサナール;カプロアルデヒド;カプロンアルデヒド;n-ヘキサナール;ヘキシルアルデヒド;ヘキサアルデヒド;N-ヘキシルアルデヒド;1-ヘキサナール;N-カプロンアルデヒド;nヘキシルアルデヒド;1‐ヘキサナール;ヘキサナール, 1000 µg/mL in MeOH;ヘキサナ-ル
英語名:
Hexanal
英語别名:
N-HEXANAL;CAPROALDEHYDE;HEXALDEHYDE;ALDEHYDE C-6;1-HEXANAL;butacetin;hexanaldehyde;N-HEXALDEHYDE;CAPRONALDEHYDE;Natural hexanal
CBNumber:
CB9854088
化学式:
C6H12O
分子量:
100.16
MOL File:
66-25-1.mol
MSDS File:
SDS

ヘキサナール 物理性質

融点 :
-56 °C
沸点 :
130-131 °C(lit.)
比重(密度) :
0.816 g/mL at 20 °C
蒸気密度:
>1 (vs air)
蒸気圧:
10 mm Hg ( 20 °C)
屈折率 :
n20/D 1.4035(lit.)
FEMA :
2557 | HEXANAL
闪点 :
90 °F
貯蔵温度 :
2-8°C
溶解性:
6g/リットル
外見 :
液体
色:
無色透明~微黄色透明
臭い (Odor):
刺激的。
PH:
4-5 (4.8g/l, H2O, 20℃)
臭気閾値(Odor Threshold):
0.00028ppm
においのタイプ:
水溶解度 :
4.8g/L(20℃)
Sensitive :
Air Sensitive
JECFA Number:
92
Merck :
14,1760
BRN :
506198
安定性::
安定。可燃性。酸化剤、強塩基、強還元剤とは相容れない。
LogP:
1.97
CAS データベース:
66-25-1(CAS DataBase Reference)
NISTの化学物質情報:
Hexanal(66-25-1)
EPAの化学物質情報:
Hexaldehyde (66-25-1)
安全性情報
  • リスクと安全性に関する声明
  • 危険有害性情報のコード(GHS)
主な危険性  Xi
Rフレーズ  10-36-36/37/38
Sフレーズ  37/39-26-16-9
RIDADR  UN 1207 3/PG 3
WGK Germany  1
RTECS 番号 MN7175000
13
自然発火温度 220 °C
Hazard Note  Irritant
TSCA  Yes
HSコード  2912 19 00
国連危険物分類  3
容器等級  III
有毒物質データの 66-25-1(Hazardous Substances Data)
毒性 LD50 orally in rats: 4.89 g/kg (Smyth)
消防法 危-4-2-III
化審法 (2)-494
絵表示(GHS) GHS hazard pictogramsGHS hazard pictograms
注意喚起語 警告
危険有害性情報
コード 危険有害性情報 危険有害性クラス 区分 注意喚起語 シンボル P コード
H226 引火性の液体および蒸気 引火性液体 3 警告
H315 皮膚刺激 皮膚腐食性/刺激性 2 警告 GHS hazard pictograms P264, P280, P302+P352, P321,P332+P313, P362
H319 強い眼刺激 眼に対する重篤な損傷性/眼刺激 性 2A 警告 GHS hazard pictograms P264, P280, P305+P351+P338,P337+P313P
注意書き
P210 熱/火花/裸火/高温のもののような着火源から遠ざ けること。-禁煙。
P233 容器を密閉しておくこと。
P240 容器を接地すること/アースをとること。
P241 防爆型の電気機器/換気装置/照明機器/...機器を使 用すること。
P303+P361+P353 皮膚(または髪)に付着した場合:直ちに汚染された衣 類をすべて脱ぐこと/取り除くこと。皮膚を流水/シャワー で洗うこと。
P305+P351+P338 眼に入った場合:水で数分間注意深く洗うこと。次にコ ンタクトレンズを着用していて容易に外せる場合は外す こと。その後も洗浄を続けること。

ヘキサナール 価格 もっと(30)

メーカー 製品番号 製品説明 CAS番号 包装 価格 更新時間 購入
富士フイルム和光純薬株式会社(wako) W01ACSM-554-08 ヘキサナール
Hexanal, 1000 ug/mL in MeOH
66-25-1 1mL ¥8900 2024-03-01 購入
富士フイルム和光純薬株式会社(wako) W01APOOR6051 ヘキサナール
Hexanal
66-25-1 50g ¥21600 2023-06-01 購入
東京化成工業 H0133 ヘキサナール >98.0%(GC)
Hexanal >98.0%(GC)
66-25-1 25mL ¥2400 2024-03-01 購入
東京化成工業 H0133 ヘキサナール >98.0%(GC)
Hexanal >98.0%(GC)
66-25-1 100mL ¥5000 2024-03-01 購入
関東化学株式会社(KANTO) 15185-1A 1‐ヘキサナール 96%
1‐Hexanal 96%
66-25-1 500mL ¥13400 2024-03-01 購入

ヘキサナール 化学特性,用途語,生産方法

外観

無色澄明の液体

種類

現在市場に流通しているヘキサナールには、産業用の製品や、研究開発用試薬などの種類があります。産業用の製品は、主に工場における有機合成原料・香料原料などの用途を想定して販売されています。荷姿はドラムや石油缶など、工場でのニーズに合わせた大型容量が中心です。

研究開発用試薬は、2mL , 25mL , 100mL , 250mL , 1Lなど、実験室等で扱いやすい容量の種類で販売されています。室温で保管・輸送が可能な試薬として販売されている場合と、冷蔵保管試薬として販売されている場合とがあります。前述の通り、引火性が高いことから注意が必要です。

定義

本品は、次の化学式で表される有機化合物である。

溶解性

エタノール及びアセトンに溶けやすく、水に溶けにくい。

解説

ヘキサナール (Hexanal) とは、鎖状脂肪族アルデヒドの一種に分類される有機化合物です。化学式はC6H12Oです。別名には、ヘキシルアルデヒド、ヘキサアルデヒドやカプロンアルデヒドなどの名称があります。CAS登録番号は、66-25-1です。

分子量は100.16、融点は -56℃、沸点は131℃であり、常温において無色透明の液体です。臭いについては、青葉の臭い、未熟な臭いと形容されます。大豆や草から出る青臭い臭いは、ヘキサナールに由来するものです。及びに溶けやすく、水に溶けにくい性質があります。密度は、0.8335g/cm3です。

引火性が高いことから、消防法では、第4類引火性液体、第二石油類非水溶性液体に分類され、法規制を受けています。

用途

アルコール飲料の附香剤、バターフレーバー

用途

有機合成原料、香料材料。

合成

説明図

図. ヘキサナールの合成

ヘキサナールは、生物中では脂肪酸の酸化により生成される物質です。例えば、大豆中ではリノール酸がリポキシゲナーゼによってリノール酸13-ヒドロペルオキシドに変換され、更にヒドロペルオキシドリアーゼによって変換されることで、最終的にヘキサナールが生成します。

工業的には、1-をヒドロホルミル化する反応により、ヘキサナールを得ることができます。

化粧品の成分用途

香料、香味剤

使用上の注意

不活性ガス封入

説明

Hexanal has a characteristic fruity odor and taste (on dilution). May be prepared from the calcium salt of caproic acid and formic acid.

化学的特性

Hexanal occurs, for example, in apple and strawberry aromas as well as in orange and lemon oil. It is a colorless liquid with a fatty, green odor and, in low concentration, is reminiscent of unripe fruit.
Hexanal is used in fruit flavors and, when highly diluted, in perfumery for obtaining fruity notes.

天然物の起源

Reported found in some natural aromas of apple, strawberry, camphor oil, tea extracts, tobacco leaves, Eucalyptus globulus, dwarf pine, bitter orange and coffee. Also reported found in nearly 300 natural sources including apple, apricot, banana, sweet and sour cherry, citrus peel oils and juices, berries, guava, melon, raisins, peach, pear, papaya, pineapple, asparagus, cabbage, celery, carrot, lettuce, shallots, onion, leek, ginger, parsley, bread, cheeses, butter, milk, fish, meats, cocoa, coffee, tea, nuts, popcorn, potato chips, oat products, honey, soybean, plum, cauliflower, beetroot, celery root, figs, cardamom, coriander seed and leaf, brussel sprouts, rice, quince, radish, lovage, corn oil, laurel and malt

使用

Hexanal occurs naturally inmany foods, such as in ripening fruits, or because of addition as a flavorant; it has an apple taste. It can also be produced in foods because of lipid peroxidation during cooking. It is mainly used as a food flavorant, in fragrances, and in the manufacture of dyes, plasticizers, synthetic resins, and pesticides. It is released to air and water during production or use for the manufacture of other products or during the use of these products themselves. It undergoes oxidation and polymerization readily.
Feron et al. identified hexanal in about 80 different types of food.

定義

ChEBI: A fatty aldehyde that is hexane in which one of the terminal methyl group has been mono-oxygenated to form the corresponding aldehyde.

製造方法

Prepared from the calcium salt of caproic acid and formic acid

一般的な説明

A clear colorless liquid with a pungent odor. Flash point 90°F. Less dense than water and insoluble in water. Vapors heavier than air.

空気と水の反応

Highly flammable. Insoluble in water.

反応プロフィール

Caproaldehyde is an aldehyde. Aldehydes are frequently involved in self-condensation or polymerization reactions. These reactions are exothermic; they are often catalyzed by acid. Aldehydes are readily oxidized to give carboxylic acids. Flammable and/or toxic gases are generated by the combination of aldehydes with azo, diazo compounds, dithiocarbamates, nitrides, and strong reducing agents. Aldehydes can react with air to give first peroxo acids, and ultimately carboxylic acids. These autoxidation reactions are activated by light, catalyzed by salts of transition metals, and are autocatalytic (catalyzed by the products of the reaction). The addition of stabilizers (antioxidants) to shipments of aldehydes retards autoxidation. May attack some forms of plastics [USCG, 1999].

危険性

Flammable, moderate fire risk.

健康ハザード

Ingestion causes irritation of mouth and stomach. Contact with vapor or liquid irritates eyes. Liquid irritates skin.

火災危険

Behavior in Fire: Vapor is heavier than air and may travel to a source of ignition and flash back.

化学反应

説明図

図. ヘキサナールの化学反応

ヘキサナールは、僅かでも酸が共存すると容易に酸化・重合します。これは、ホルミル基 (-CHO) の性質に由来するものです。前述の大豆においては、アルデヒドデヒドロゲナーゼにより、カプロン酸へと酸化されることが知られています。また、合成化学の観点では、Wittig反応やアルドール反応にも使用可能です。

このように、ヘキサナールに含まれているホルミル基は反応性が高い官能基ですが、一方でヘキサナールは法規制に従った保管及び取扱においては安定と考えられています。

ソースです

ヘキサナールは調理中の脂質過酸化反応により、食品でも生成される可能性がある物質です。インスタントラーメンやコーヒー用ミルクなどの劣化臭成分からヘキサナールが検出されています。その他に、リンゴジュースやオレンジジュースなどのジュース類や、オリーブオイルなどでも生じることがあります。

引火点が32℃と低く、極めて燃え易い性質です。そのため、熱、火花、裸火、高温のもののような着火源からは遠ざける必要があります。

使用用途

ヘキサナールの主な使用用途は下記の通りです。

  • アルコール飲料の附香剤
  • バターフレーバー
  • 化粧品の香料、香味剤
  • 染料
  • 可塑剤、合成樹脂の原料
  • 農薬の製造

化学反応性

Reactivity with Water No reaction; Reactivity with Common Materials: May attack some plastics; Stability During Transport: Stable; Neutralizing Agents for Acids and Caustics: Not pertinent; Polymerization: Not pertinent; Inhibitor of Polymerization: Not pertinent.

ヘキサナール 上流と下流の製品情報

原材料

準備製品


ヘキサナール 生産企業

Global( 343)Suppliers
名前 電話番号 電子メール 国籍 製品カタログ 優位度
Hebei Mojin Biotechnology Co., Ltd
+8613288715578
sales@hbmojin.com China 12457 58
Capot Chemical Co.,Ltd.
571-85586718 +8613336195806
sales@capotchem.com China 29797 60
Henan Tianfu Chemical Co.,Ltd.
+86-0371-55170693 +86-19937530512
info@tianfuchem.com China 21695 55
career henan chemical co
+86-0371-86658258
sales@coreychem.com China 29914 58
Jinan Finer Chemical Co., Ltd
+86-531-88989536 +86-15508631887
sales@finerchem.com China 2967 58
Hebei Guanlang Biotechnology Co., Ltd.
+86-19930503282
alice@crovellbio.com China 8823 58
Xiamen AmoyChem Co., Ltd
+86-592-6051114 +8618959220845
sales@amoychem.com China 6387 58
Hubei xin bonus chemical co. LTD
86-13657291602
linda@hubeijusheng.com CHINA 22968 58
Shandong chuangyingchemical Co., Ltd.
18853181302
sale@chuangyingchem.com CHINA 5909 58
Chongqing Chemdad Co., Ltd
+86-023-61398051 +8613650506873
sales@chemdad.com China 39916 58

ヘキサナール  スペクトルデータ(13CNMR、IR1、IR2、MS、Raman)


66-25-1(ヘキサナール)キーワード:


  • 66-25-1
  • Capronaldehyde Hexaldehyde Hexyl Aldehyde
  • HEXANAL FOR SYNTHESIS 250 ML
  • Hexanal (Capro
  • n-Hexylaldehyde 〔n-Capronaldehyde〕
  • Hexanal (stabilised) for synthesis
  • Capronaldehyd
  • femanumber2557
  • hexan-1-al
  • hexoicaldehyde
  • Kapronaldehyd
  • n-C5H11CHO
  • n-Caproaldehyde
  • n-caproicaldehyde
  • n-Caproylaldehyde
  • n-hexaldehyde(hexanal)
  • CAPROIC ALDEHYDE
  • Hexanal, 96% 500ML
  • HEXANAL 95+% NATURAL
  • HEXANAL 97+% FCC
  • 1-HEXYLALDEHYDE
  • N-C6 ALDEHYDE
  • N-CAPRONALDEHYDE
  • N-HEXYLALDEHYDE
  • ALDEHYD C 6 (HEXANAL)
  • HEXANAL (NATURAL)
  • CAPROIC ALDEHYDE WITH GC
  • Aldehyde C6, Caproaldehyde, Hexyl aldehyde
  • n-Hexylic aldehyde
  • Hexanal,96%
  • CAPROIC ALDEHYDE(SG)
  • ヘキサナール
  • カプロアルデヒド
  • カプロンアルデヒド
  • n-ヘキサナール
  • ヘキシルアルデヒド
  • ヘキサアルデヒド
  • N-ヘキシルアルデヒド
  • 1-ヘキサナール
  • N-カプロンアルデヒド
  • nヘキシルアルデヒド
  • 1‐ヘキサナール
  • ヘキサナール, 1000 µg/mL in MeOH
  • ヘキサナ-ル
Copyright 2017 © ChemicalBook. All rights reserved