食品添加物

食品添加物は食品の官能性状(色、香り、味)及び食品の品質を改善できる一種の天然又は人工的に合成される化学物質である。成人用食品中で,中国の衛生基準に従っていくつかの添加物を加えることができるが,乳児用食品中で,その使用を厳しく管理すべきである。乳児の体内の解毒メカニズム、保護メカニズムがまだ不完全であり,大量の化学物質を蓄積しやすいため,世界保健機関と各国はいずれも乳児用食品に食品添加物を加えることができず,また子供の食品にサッカリン、色素、フレーバー等の添加をできる限り制限すべきである。特に12週齢以下の乳児用食品,例えば乳児用調製食品、穀物製品等にいずれかの食品添加物を含有しないという規制がある。 食品添加物は以下の二つの種類を有する:天然食品添加物及び化学的合成食品添加物。天然食品添加物は動植物や微生物の代謝産物等を原料として,抽出して得られるものである。化学的合成食品添加物は化学物質を原料として化学合成により調製されるものである。使用目的及び化学物質の性質によって,食品添加物はまた以下の種類に分けられ,即ち:(1)酸、塩基、塩;(2)ほぐれ改良剤;(3)酸化防止剤と相乗剤;(4)担体溶媒; (5)食用色素;(6)乳化剤、安定化剤、増粘剤;(7)食品加工用酵素剤;(8)消泡剤; (9)食用香料;(10)漂白剤;(11)発色剤; (12)品質改良剤;(13)甘味料、(14)防腐剤;(15)酸味剤;(16)固結防止剤;(17)凝固剤及びその他。 食品添加物は基本的な食品の成分ではない。焼いた食品における食品添加物の作用は以下のとおりである:①食品の貯蔵に役立ち,食品の変質を防止する。様々な生鮮食品,例えば植物油、マーガリン、ビスケット、パン、ケーキ、月餅等は,すぐに処理されなければ又は正しく処理されなければ,往々として変質になり,大きな損失を引き起こす。防腐剤、抗カビ剤、抗酸化剤は微生物、酸化に起因する食品の変質を防止し、食品の貯蔵寿命を延長することができる。②食品の官能質量を改善する。食品の色、香り、味、形及び質等は食品の品質を判定する重要な指標である。食品が加工された後に色がさめるものがあり,色が変えるものもあり,例えばフラワーケーキ;味、風味、食感、口当たり等が変えるものもある。適切な乳化剤、増粘剤、着色剤、食用香料、甘味料、酸味剤、旨み調味料、品質改良剤及び膨張剤等を使用すれば,食品の官能質量を大きく向上させ,人々の様々なニーズを満たすことができる。③食品の栄養価を保持し又は向上させる。食品の加工過程で往々としていくつかの栄養素の損失を引き起こす可能性がある。食品を加工する時に天然の栄養素に属するある食品栄養強化剤を適切に添加することにより,食品の栄養価を大きく向上させる。食品防腐剤と酸化防止剤の応用は,食品の変質を防止すると同時に,食品の栄養価の保持に一定の意味を持っている。④食品の種類を増やしかつその便宜性を向上させる。市場で販売している様々な食品は消費者に多様な選択を提供し,それは防腐剤、抗酸化剤、乳化剤、増粘剤、異なる着色剤、香料、調味料及び他の様々な食品添加物を合わせて使用するからである。これらの様々な食品だからこそ人々の生活と仕事に大きな便宜性を与える。⑤食品の加工過程における小麦粉処理剤、増粘安定剤、乳化剤等の使用は,食品の加工作業及び生産機械化と自動化に役立つ。⑥人々の異なったニーズを満たす。例えば,糖尿病を持つ人々は糖を食べないため,非栄養甘味料又は低カロリー甘味料を利用して無糖食品、低糖低エネルギー食品を製造することができる。 食品添加物の危険性は以下のとおりである:食品添加物はその以上の有益な効果を有する一方で,一定の危険性を有し,特にその中のあるもの本体は一定の毒性を有する。特に食品添加物を長期にわたって摂取すれば潜在的な危険をもたらす可能性があるという懸念がある。現在ほとんどの人が最も関心するのは,発がん性、催奇形性を有するある合成食用色素等が人間に潜在的な害を与えるということである。亜硝酸ナトリウムは長い時間にわたって肉製品の色定着剤、発色剤として用いられる。それは肉製品に美しく、鮮やかな真っ赤を呈させ,肉製品の風味を改善する以外に,さらに重要なのはそれが防腐作用を有し,そのため複数の嫌気性クロストリジウムを抑制でき,特にボツリヌス菌を抑制でき,ボツリヌス中毒症の発生を防止する。ボツリヌス中毒症が発生すれば人間の生命を脅かす可能性があり,そのため肉製品の加工と貯蔵過程で亜硝酸ナトリウムは重要な意味を持っている。しかし,亜硝酸ナトリウム本体が大きな毒性を有すると認められるとともに,それと第二級アミン系物質が反応して生成したニトロソアミンが,強い発がん性を有するということもわかる。今まで亜硝酸ナトリウムを置き換えることができる理想的な製品がまだ発見しないと同時に,肉製品に少量の亜硝酸ナトリウムを添加するためがんを引き起こす証拠はまだ不十分である。現在,その使用量を低減し、その残留量を厳しく制限し,かつアスコルビン酸を使うという手段を採用してニトロソアミンの生成を防止し,それがもたらす脅威を削減する。そのため現在各国はその使用範囲、使用量と残留量を厳しく制限することを前提として広く使用できる。  食品添加物の安全な使用方法は以下のとおりである:食品添加物を使用する時に最も重要なのは安全、有効である。そのうち,安全性はより一層重要である。食品添加物を安全に使用すれば,必ずその安全性に対して評価を行わなければならない。これは国家規格、衛生基準に基づき,食品添加物の生産プロセス、物理的と化学的性質、品質基準、使用効果、範囲、添加量、毒性学的評価及び試験方法等に対して作られた総合的な安全性評価である。そのうち最も重要なのは毒性学的評価である。各国は一般的に規制の形で,例えば食品添加物の衛生基準等は使用が許可される食品添加物の種類、用途、範囲、最大使用量及び/又は最大残留量を確定する。現在多くの食品添加物及び全ての新規な食品添加物はいずれもすでに厳しい毒物学的試験及び一定の安全性評価を行い又は行わなければ使用できない。そのため,これは,現在すでに食品添加物の危害性を最低レベルに低減すると考えられる。指摘すべきなのは,《食品添加物の使用衛生基準》(GB 2460—1996)の関連規定を厳格に遵守し,食品添加物を正しく使用すれば,その安全性を保証でき,かつその有益な効果をできる限り果たすと同時に,人間にもたらす悪影響を最大限に除去することができる。
Click on the specific product, view the latest prices of the products, information, serving information
Structure Chemical Name CAS MF
ステビオシド ステビオシド 57817-89-7 C38H60O18
(3S,3'S)-3,3'-ジヒドロキシ-β,β-カロテン-4,4'-ジオン (3S,3'S)-3,3'-ジヒドロキシ-β,β-カロテン-4,4'-ジオン 472-61-7 C40H52O4
トラガカントゴム トラガカントゴム 9000-65-1 NULL
α-プロパルギルグリシン α-プロパルギルグリシン 25322-69-4 (C3H6O)n
ポリアルキル(C1~20)シロキサン ポリアルキル(C1~20)シロキサン 63148-62-9 C6H18OSi2
ペトロラタム ペトロラタム 8009-03-8 N/A
カゼイン(乳製) カゼイン(乳製) 9000-71-9 C47H48N3NaO7S2
アクリルアミド (ポリマー) (Mw.=600,000-1,000,000) (10% 水溶液) アクリルアミド (ポリマー) (Mw.=600,000-1,000,000) (10% 水溶液) 9003-05-8 C3H5NO
カゼインナトリウム (ミルク由来) カゼインナトリウム (ミルク由来) 9005-46-3 N/A
アルパルテーム アルパルテーム 22839-47-0 C14H18N2O5
ペクチナーゼ ペクチナーゼ 9032-75-1 C18H37N(CH3)2
3,3'-チオジプロピオン酸ジドデシル 3,3'-チオジプロピオン酸ジドデシル 123-28-4 C30H58O4S
カプサンチン (パプリカ抽出物) (植物油溶液) カプサンチン (パプリカ抽出物) (植物油溶液) 465-42-9 C40H56O3
シクロヘキサンプロピオン酸アリル シクロヘキサンプロピオン酸アリル 2705-87-5 C12H20O2
3-(4-イソプロピルフェニル)イソブチルアルデヒド 3-(4-イソプロピルフェニル)イソブチルアルデヒド 103-95-7 C13H18O
4-オキソ-6-メチル-3,4-ジヒドロ-1,2,3-オキサチアジン2,2-ジオキシド 4-オキソ-6-メチル-3,4-ジヒドロ-1,2,3-オキサチアジン2,2-ジオキシド 33665-90-6 C4H5NO4S
ポリビニルポリピロリドン ポリビニルポリピロリドン 25249-54-1 (C6H9NO)n
アカシア(アラビアゴム),粉末 アカシア(アラビアゴム),粉末 9000-01-5 N/A
グルコースオキシダーゼ グルコースオキシダーゼ 9001-37-0 NULL
4-ヒドロキシ安息香酸ドデシル 4-ヒドロキシ安息香酸ドデシル 2664-60-0 C19H30O3
L‐リシンL‐アスパルタ-ト L‐リシンL‐アスパルタ-ト 27348-32-9 C10H21N3O6
酢酸1,1-ジメチル-2-フェニルエチル 酢酸1,1-ジメチル-2-フェニルエチル 151-05-3 C12H16O2
(S)-(+)-2-オクタノール (S)-(+)-2-オクタノール 6169-06-8 C8H18O
(2R)-2,7,8-トリメチル-2-[(4R,8R)-4,8,12-トリメチルトリデシル]-3,4-ジヒドロ-2H-1-ベンゾピラン-6-オール (2R)-2,7,8-トリメチル-2-[(4R,8R)-4,8,12-トリメチルトリデシル]-3,4-ジヒドロ-2H-1-ベンゾピラン-6-オール 54-28-4 C28H48O2
(S)-(+)-1-アミノ-2-プロパノール (S)-(+)-1-アミノ-2-プロパノール 2799-17-9 C3H9NO
ソルビン酸 ソルビン酸 110-44-1 C6H8O2
リノレン酸 リノレン酸 463-40-1 C18H30O2
Zinc lactate Zinc lactate 16039-53-5 C6H10O6Zn
(+)-5,8-ジヒドロキシ-2-[(R)-1-ヒドロキシ-4-メチル-3-ペンテニル]-1,4-ナフトキノン (+)-5,8-ジヒドロキシ-2-[(R)-1-ヒドロキシ-4-メチル-3-ペンテニル]-1,4-ナフトキノン 517-89-5 C16H16O5
ヘプタン酸アリル ヘプタン酸アリル 142-19-8 C10H18O2
ヘミン ヘミン 16009-13-5 C34H32ClFeN4O4
o-ヒドロキシフェニルフェネチルケトン o-ヒドロキシフェニルフェネチルケトン 3516-95-8 C15H14O2
(24R)-3β-[6-O-(β-D-グルコピラノシル)-β-D-グルコピラノシルオキシ]-24-[2-O,6-O-ビス(β-D-グルコピラノシル)-β-D-グルコピラノシルオキシ]ククルビタ-5-エン-11α,25-ジオール (24R)-3β-[6-O-(β-D-グルコピラノシル)-β-D-グルコピラノシルオキシ]-24-[2-O,6-O-ビス(β-D-グルコピラノシル)-β-D-グルコピラノシルオキシ]ククルビタ-5-エン-11α,25-ジオール 88901-36-4 C60H102O29
Β-シクロデキストリン水和物 Β-シクロデキストリン水和物 68168-23-0 C42H70O35
鉱油 鉱油 8042-47-5 N/A
6-O-パルミトイル-L-アスコルビン酸 6-O-パルミトイル-L-アスコルビン酸 137-66-6 C22H38O7
N-ラウロイルサルコシン N-ラウロイルサルコシン 97-78-9 C15H29NO3
Thickening agent Thickening agent
ブタン酸2-ブトキシ-1-メチル-2-オキソエチル ブタン酸2-ブトキシ-1-メチル-2-オキソエチル 7492-70-8 C11H20O4
rac-[1R*,5R*]-2,6,6-トリメチルビシクロ[3.1.1]ヘプタ-2-エン rac-[1R*,5R*]-2,6,6-トリメチルビシクロ[3.1.1]ヘプタ-2-エン 2437-95-8 C10H16
グアーガム グアーガム 9000-30-0
ペルオキシダーゼ (西洋わさび由来) ペルオキシダーゼ (西洋わさび由来) 9003-99-0 NULL
グリセリンステアリン酸エステル グリセリンステアリン酸エステル 31566-31-1 C21H42O4
ジェランガム ジェランガム 71010-52-1
Neotame Neotame 165450-17-9 C20H30N2O5
N-バニリルノナンアミド N-バニリルノナンアミド 2444-46-4 C17H27NO3
3,3,5-トリメチルシクロヘキサノール (cis-, trans-混合物) 3,3,5-トリメチルシクロヘキサノール (cis-, trans-混合物) 116-02-9 C9H18O
2-メルカプトエタノール [電気泳動用] 2-メルカプトエタノール [電気泳動用] 60-24-2 C2H6OS
焼アンモニウム明ばん 焼アンモニウム明ばん 7784-25-0 AlH4NO8S2
ピリドキシン塩酸塩 ピリドキシン塩酸塩 58-56-0 C8H12ClNO3
3-メチル-3-フェニルオキシラン-2-カルボン酸エチル 3-メチル-3-フェニルオキシラン-2-カルボン酸エチル 77-83-8 C12H14O3
ラウリン酸アミド ラウリン酸アミド 1120-16-7 C12H25NO
L-(+)-リジン二塩酸塩 L-(+)-リジン二塩酸塩 657-26-1 C6H16Cl2N2O2
ローカストビーンゴム ローカストビーンゴム 9000-40-2
4-ヒドロキシ安息香酸2-エチルヘキシル 4-ヒドロキシ安息香酸2-エチルヘキシル 5153-25-3 C15H22O3
ビス(りん酸二水素)カルシウム ビス(りん酸二水素)カルシウム 7758-23-8 CaH4O8P2
ハイドロサルファイトナトリウム ハイドロサルファイトナトリウム 7775-14-6 Na2O4S2
(+)-アラビノガラクタン (カラマツ材由来) (+)-アラビノガラクタン (カラマツ材由来) 9036-66-2 [(C5H8O4)(C6H10O5)6]x
ε-カプロラクトン ε-カプロラクトン 502-44-3 C6H10O2
没食子酸プロピル 没食子酸プロピル 121-79-9 C10H12O5
1-フェニル-3,3-ジエトキシ-1-プロペン 1-フェニル-3,3-ジエトキシ-1-プロペン 7148-78-9 C13H18O2
1,2-ベンゾイソチアゾール-3(2H)-オン 1,2-ベンゾイソチアゾール-3(2H)-オン 2634-33-5 C7H5NOS
D-Xylose D-Xylose 31178-70-8 C5H10O5
α-アミルシンナムアルデヒド α-アミルシンナムアルデヒド 122-40-7 C14H18O
ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンブロックコポリマー ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンブロックコポリマー 9003-11-6 C5H10O2
2-アミノエタンスルホン酸 2-アミノエタンスルホン酸 107-35-7 C2H7NO3S
固形パラフィン 固形パラフィン 8002-74-2 CnH2n+2 n=24~36
フェロシアンカリウム フェロシアンカリウム 13943-58-3 C24H6Fe4K4N24O3-8
D-(-)-酒石酸 D-(-)-酒石酸 147-71-7 C4H6O6
ポリ酢酸ビニル ポリ酢酸ビニル 9003-20-7 [CH2CHCOOCH3]n
(2E,4E)-2,4-ヘキサジエン酸ブチル (2E,4E)-2,4-ヘキサジエン酸ブチル 7367-78-4 C10H16O2
D-アラボアスコルビン酸 D-アラボアスコルビン酸 89-65-6 C6H8O6
gentian root extract gentian root extract
2-オクチン酸メチル 2-オクチン酸メチル 111-12-6 C9H14O2
α-アミラーゼ α-アミラーゼ 9000-90-2 NULL
ポリエチレン ポリエチレン 9002-88-4 [C2H4]n
Tea polyphenol Tea polyphenol 84650-60-2 C17H19N3O
(1R,2S,4R)-1,7,7-トリメチルビシクロ[2.2.1]ヘプタン-2-オール (1R,2S,4R)-1,7,7-トリメチルビシクロ[2.2.1]ヘプタン-2-オール 464-43-7 C10H18O
6-エトキシ-2,2,4-トリメチル-1,2-ジヒドロキノリン 6-エトキシ-2,2,4-トリメチル-1,2-ジヒドロキノリン 91-53-2 C14H19NO
4-ヒドロキシ安息香酸オクチル 4-ヒドロキシ安息香酸オクチル 1219-38-1 C15H22O3
[R,(+)]-7-ヒドロキシ-3,7-ジメチルオクタナール [R,(+)]-7-ヒドロキシ-3,7-ジメチルオクタナール 107-75-5 C10H20O2
ピペリトン ピペリトン 89-81-6 C10H16O
XANTHAN GUM XANTHAN GUM 11078-31-2 (C35H49O29)n
2-エチル-3-ヒドロキシ-4-ピロン 2-エチル-3-ヒドロキシ-4-ピロン 4940-11-8 C7H8O3
sec-ブチルアミン sec-ブチルアミン 13952-84-6 C4H11N
ヘキサデカンアミド ヘキサデカンアミド 629-54-9 C16H33NO
αオレオイルωヒドロキシポリ(オキシエチレン) αオレオイルωヒドロキシポリ(オキシエチレン) 9004-96-0 C18H33O2.(C2H4O)n.H
スチレン-ブタジエン共重合体 スチレン-ブタジエン共重合体 9003-55-8 C36H42X2
3-エトキシ-4-ヒドロキシベンズアルデヒド 3-エトキシ-4-ヒドロキシベンズアルデヒド 121-32-4 C9H10O3
ポリ(イソブチルン) ポリ(イソブチルン) 9003-27-4 (C4 H8)n
trans-2-デセン酸 trans-2-デセン酸 334-49-6 C10H18O2
ジベンジルエーテル ジベンジルエーテル 103-50-4 C14H14O
2'-アセトナフトン 2'-アセトナフトン 93-08-3 C12H10O
6-メチルクマリン 6-メチルクマリン 92-48-8 C10H8O2
亜硝酸カリウム 亜硝酸カリウム 7758-09-0 KNO2
塩酸チアミン水和物 塩酸チアミン水和物 67-03-8 C12H18Cl2N4OS
グルコン酸マンガン グルコン酸マンガン 6485-39-8 C12H22MnO14
ヘキサン酸アリル ヘキサン酸アリル 123-68-2 C9H16O2
モレキュラシーブス 4A 1/8 モレキュラシーブス 4A 1/8 1344-00-9 AlNaO6Si2
ゼラチン,板状 ゼラチン,板状 9000-70-8 C6H12O6
ホームページ | メンバー | 広告掲載 | お問い合わせ
Copyright © 2016 ChemicalBook All rights reserved.