ChemicalBook
Chinese english Germany Korea

マレイン酸 クロルフェニラミン

マレイン酸 クロルフェニラミン 化学構造式
113-92-8
CAS番号.
113-92-8
化学名:
マレイン酸 クロルフェニラミン
别名:
マレイン酸 クロルフェニラミン;マレイン酸クロロプロフェンピリダミン;ヒスタール;3-(4-クロロフェニル)-N,N-ジメチル-3-(2-ピリジニル)プロパン-1-アミン·マレイン酸;フェニラミン;rac-(3R*)-3-(4-クロロフェニル)-N,N-ジメチル-3-(2-ピリジニル)プロパン-1-アミン·マレイン酸;ネオベナコン;γ-(4-クロロフェニル)-N,N-ジメチル-2-ピリジンプロパン-1-アミン·マレイン酸;マレイン酸クロルフェニラミン;ネオレスタミン;γ-(4-クロロフェニル)-N,N-ジメチル-2-ピリジンプロパン-1-アミン·(Z)-2-ブテン二酸;クロル-トリポロン;アレルギン;クロルフェニラミンマレイン酸塩;クロロフェニラミンマレアート;ビスミラー;マレラミン;クロル-トリメトン;クロロプロフェンピリダミンマレアート;クロダミン
英語化学名:
Chlorpheniramine maleate
英語别名:
Haynon;alunex;piriex;Puermin;c-meton;ibioton;lorphen;piriton;teldrin;Histadur
CBNumber:
CB9142008
化学式:
C20H23ClN2O4
分子量:
390.86
MOL File:
113-92-8.mol

マレイン酸 クロルフェニラミン 物理性質

融点 :
130-135 °C (lit.)
比旋光度 :
-1~+1°(D/20℃)(c=5,DMF)
比重(密度) :
1.1984 (rough estimate)
屈折率 :
1.6800 (estimate)
闪点 :
9℃
貯蔵温度 :
2-8°C
溶解性:
Freely soluble in water, soluble in ethanol (96 per cent)
外見 :
neat
PH:
4.0~5.5 (10g/l, 25℃)
水溶解度 :
1-5 g/100 mL at 21 ºC
Merck :
14,2180
InChIKey:
DBAKFASWICGISY-BTJKTKAUSA-N
EPAの化学物質情報:
Chlorpheniramine maleate (113-92-8)
安全性情報
  • リスクと安全性に関する声明
  • 危険有害性情報のコード(GHS)
主な危険性  T,F
Rフレーズ  25-39/23/24/25-23/24/25-11
Sフレーズ  36/37/39-45-36/37-16
RIDADR  UN 2811 6.1/PG 3
WGK Germany  3
RTECS 番号 US6504000
TSCA  Yes
国連危険物分類  6.1(b)
容器等級  III
HSコード  29333990
毒性 LD50 orally in mice: 162 mg/kg (Smith)
絵表示(GHS)
注意喚起語 Danger
危険有害性情報
コード 危険有害性情報 危険有害性クラス 区分 注意喚起語 シンボル P コード
H225 引火性の高い液体および蒸気 引火性液体 2 危険 P210,P233, P240, P241, P242, P243,P280, P303+ P361+P353, P370+P378,P403+P235, P501
H302 飲み込むと有害 急性毒性、経口 4 警告 P264, P270, P301+P312, P330, P501
H370 臓器の障害 特定標的臓器有害性、単回暴露 1 危険 P260, P264, P270, P307+P311, P321,P405, P501
注意書き
P210 熱/火花/裸火/高温のもののような着火源から遠ざ けること。-禁煙。
P260 粉じん/煙/ガス/ミスト/蒸気/スプレーを吸入しないこ と。
P264 取扱い後は皮膚をよく洗うこと。
P264 取扱い後は手や顔をよく洗うこと。
P270 この製品を使用する時に、飲食または喫煙をしないこ と。
P280 保護手袋/保護衣/保護眼鏡/保護面を着用するこ と。
P301+P310 飲み込んだ場合:直ちに医師に連絡すること。
P311 医師に連絡すること。
P330 口をすすぐこと。

マレイン酸 クロルフェニラミン 価格 もっと(22)

メーカー 製品番号 製品説明 CAS番号 包装 価格 更新時間 購入
富士フイルム和光純薬株式会社(wako) W01AFAB25238 マレイン酸クロルフェニラミン, 99%
Chlorpheniramine maleate, 99%
113-92-8 5g ¥7290 2021-03-23 購入
富士フイルム和光純薬株式会社(wako) W01AFAB25238 マレイン酸クロルフェニラミン, 99%
Chlorpheniramine maleate, 99%
113-92-8 25g ¥18040 2021-03-23 購入
東京化成工業 C0873 マレイン酸クロルフェニラミン >99.0%(HPLC)(T)
Chlorpheniramine Maleate >99.0%(HPLC)(T)
113-92-8 25g ¥8300 2021-03-23 購入
Sigma-Aldrich Japan C1800000 European Pharmacopoeia (EP) Reference Standard
Chlorphenamine maleate European Pharmacopoeia (EP) Reference Standard
113-92-8 ¥35200 2021-03-23 購入
Sigma-Aldrich Japan C-036
Chlorpheniramine maleate salt solution
1.0?mg/mL in methanol (as free base), ampule of 1?mL, certified reference material
113-92-8 1ml ¥3310 2021-03-23 購入

マレイン酸 クロルフェニラミン MSDS


Chlorphenamine hydrogen maleate

マレイン酸 クロルフェニラミン 化学特性,用途語,生産方法

外観

白色~ほとんど白色、結晶性粉末~粉末

溶解性

水に溶ける。

解説

3-(4-chlorophenyl)-N,N-dimethyl-3-(pyridin-2-yl)propanaminemaleate.C16H19ClN2·C4H4O4(390.86).p-クロロフェニルアセトニトリルと2-クロロピリジンとを縮合させ,さらにジメチルアミノエチルクロリドを反応させ,80% 硫酸と加熱してクロルフェニラミン塩基を得る.そのマレイン酸塩."白色の結晶性粉末.融点130~135 ℃.λmax 261 nm(水).水に易溶,エタノール,クロロホルムに可溶.アレルギー性鼻炎,風邪によるくしゃみ,鼻づまり,じんましん,皮膚のかゆみなどに繁用されている.抗ヒスタミン剤として使用される.LD50 306 mg/kg(ラット,経口).(S)-体のほうが薬効が強い.[CAS 113-92-8]
森北出版「化学辞典(第2版)

用途

ヒスタミンの作用する H1 受 容体に拮抗し、抗アレルギー作用を示します。

用途

抗ヒスタミン剤

効能

抗アレルギー薬, H1受容体拮抗薬

商品名

アレルギン (アルフレッサファーマ); クロダミン (日医工); クロダミン (日医工); クロルフェニラミンマレイン酸塩 (コーアイセイ); クロルフェニラミンマレイン酸塩 (コーアイセイ); クロルフェニラミンマレイン酸塩 (日医工); ネオレスタミン (興和); ネオレスタール (富士製薬工業); ビスミラー (扶桑薬品工業); ビスミラー (扶桑薬品工業); フェニラミン (コーアイセイ); マレイン酸クロルフェニラミン (マイラン製薬)

確認試験

(1) 本品の0.1mol/L塩酸試液溶液(3→100000)につき,紫 外可視吸光度測定法〈2.24〉により吸収スペクトルを測定し, 本品のスペクトルと本品の参照スペクトル又はクロルフェニ ラミンマレイン酸塩標準品について同様に操作して得られた スペクトルを比較するとき,両者のスペクトルは同一波長の ところに同様の強度の吸収を認める.
(2) 本品を乾燥し,赤外吸収スペクトル測定法〈2.25〉の ペースト法により試験を行い,本品のスペクトルと本品の参 照スペクトル又は乾燥したクロルフェニラミンマレイン酸塩 標準品のスペクトルを比較するとき,両者のスペクトルは同 一波数のところに同様の強度の吸収を認める.
(3) 本品0.10gをメタノール5mLに溶かし,試料溶液とす る.別にマレイン酸56mgをメタノール10mLに溶かし,標 準溶液とする.これらの液につき,薄層クロマトグラフィー 〈2.03〉により試験を行う.試料溶液及び標準溶液5μLずつ を薄層クロマトグラフィー用シリカゲルを用いて調製した薄 層板にスポットする.次にジエチルエーテル/メタノール/酢酸(100)/水混液(70:20:7:3)を展開溶媒として約12cm 展開した後,薄層板を風乾する.これに紫外線(主波長 254nm)を照射するとき,試料溶液から得た2個のスポット のうち,1個のスポットは標準溶液から得たスポットと同様 の濃さであり,それらのR f値は等しい.
pH〈2.54〉 本品1.0gを新たに煮沸して冷却した水100mLに 溶かした液のpHは4.0~5.5である.

定量法

本品を乾燥し,その約0.4gを精密に量り,酢酸 (100)20mLに溶かし,0.1mol/L過塩素酸で滴定〈2.50〉する (指示薬:クリスタルバイオレット試液2滴).ただし,滴定 の終点は液の紫色が青緑色を経て緑色に変わるときとする. 同様の方法で空試験を行い,補正する.
0.1mol/L過塩素酸1mL=19.54mg C16H19ClN2・C4H4O4

純度試験

(1) 溶状 本品1.0gを水50mLに溶かすとき,液は無色澄 明である.
(2) 重金属〈1.07〉 本品1.0gをとり,第4法により操作し, 試験を行う.比較液には鉛標準液2.0mLを加える(20ppm以 下).
(3) 類縁物質 本品0.10gを移動相100mLに溶かし,試料 溶液とする.この液3mLを正確に量り,移動相を加えて正 確に100mLとする.この液2mLを正確に量り,移動相を加 えて正確に20mLとし,標準溶液とする.試料溶液及び標準 溶液20μLずつを正確にとり,次の条件で液体クロマトグラ フィー〈2.01〉により試験を行う.それぞれの液の各々のピ ーク面積を自動積分法により測定するとき,試料溶液のマレ イン酸及びクロルフェニラミン以外のピークの面積は,標準 溶液のクロルフェニラミンのピーク面積の2/3より大きく ない.また,試料溶液のマレイン酸及びクロルフェニラミン 以外のピークの合計面積は,標準溶液のクロルフェニラミン のピーク面積より大きくない.
試験条件 検出器:紫外吸光光度計(測定波長:225nm) カラム:内径3.9mm,長さ30cmのステンレス管に 10μmの液体クロマトグラフィー用オクタデシルシリ ル化シリカゲルを充てんする. カラム温度:25℃付近の一定温度 移動相:リン酸二水素アンモニウム8.57g及びリン酸 1mLを水に溶かして1000mLとする.この液800mL にアセトニトリル200mLを加える. 流量:クロルフェニラミンの保持時間が約11分になる ように調整する.
面積測定範囲:溶媒のピークの後からクロルフェニラミ ンの保持時間の約4倍の範囲
システム適合性
検出の確認:標準溶液2.5mLを正確に量り,移動相を加 えて正確に25mLとする.この液20μLから得たクロ ルフェニラミンのピーク面積が,標準溶液のクロルフ ェニラミンのピーク面積の7~13%になることを確認 する.
システムの性能:標準溶液20μLにつき,上記の条件で 操作するとき,クロルフェニラミンのピークの理論段 数及びシンメトリー係数は,それぞれ4000段以上, 2.0以下である.
システムの再現性:標準溶液20μLにつき,上記の条件 で試験を6回繰り返すとき,クロルフェニラミンのピ ーク面積の相対標準偏差は4.0%以下である.

貯法

保存条件 遮光して保存する.
容器 気密容器.

乾燥減量

0.5%以下(1g,105℃,3時間).

強熱残分

0.1%以下(1g).

説明

Chlorpheniramine is a histamine H1 receptor antagonist with an IC75 value of 0.0016 μg/ml for reversal of histamine-induced spasms in isolated guinea pig ileum. It protects against intravenous histamine-induced death (PD50 = 0.15 mg/kg) and delays induction of aerosolized histamine-induced coughing (ED100sec = 0.44 mg/kg) in guinea pigs. Chlorpheniramine (20 mg/kg, i.p.) prevents histamine-induced passive cutaneous anaphylaxis (PCA) in rabbits. It also reduces respiratory resistance and hypersecretion of tracheobronchial fluid in a dog model of histamine-induced asthma. Formulations containing chlorpheniramine have been used in the treatment of seasonal allergies.

化学的特性

White Solid

使用

Antihistaminic

使用

An antagonist of the histamine H1-receptor

使用

(±)-Chlorpheniramine maleate salt has been used:
  • as H1 receptor antagonist to determine the receptor function
  • to block the effect of compound 48/80 on plasma IGF-I
  • as a standard for fast sensing and determination by sequential injector coupled with potentiometer

brand name

Trimeton (Schering-Plough); Teldrin (GlaxoSmithKline).

一般的な説明

Odorless white crystalline solid or white powder with a bitter taste. pH (2% aqueous solution) 5. pH (1% aqueous solution) 4-5.

一般的な説明

Chlorpheniraminemaleate, (±)2-[p-chloro-α-[2-dimethylamino)ethyl]benzyl]pyridine bimaleate (Chlor-Trimeton), is a white crystallinepowder that is soluble in water (1:3.4), in alcohol(1:10), and in chloroform (1:10). It has a pKa of 9.2, and anaqueous solution has a pH between 4 and 5. Chlorination ofpheniramine in the para position of the phenyl ring increasespotency 10-fold with no appreciable change in toxicity.Most of the antihistaminic activity resides with thedextro isomer (see under “Dexchlorpheniramine Maleate” ).The usual dose is 2 to 4 mg 3 or 4 times a day. It has a halflifeof 12 to 15 hours.

空気と水の反応

Water soluble.

反応プロフィール

A halogenated amine, ester. Amines are chemical bases. They neutralize acids to form salts plus water. These acid-base reactions are exothermic. The amount of heat that is evolved per mole of amine in a neutralization is largely independent of the strength of the amine as a base. Amines may be incompatible with isocyanates, halogenated organics, peroxides, phenols (acidic), epoxides, anhydrides, and acid halides. Flammable gaseous hydrogen is generated by amines in combination with strong reducing agents, such as hydrides. Esters react with acids to liberate heat along with alcohols and acids. Strong oxidizing acids may cause a vigorous reaction that is sufficiently exothermic to ignite the reaction products. Heat is also generated by the interaction of esters with caustic solutions. Flammable hydrogen is generated by mixing esters with alkali metals and hydrides.

火災危険

Flash point data for Chlorpheniramine maleate are not available; however, Chlorpheniramine maleate is probably combustible.

Biochem/physiol Actions

Chlorpheniramine maleate (CPM) can prevent rhinitis and urticaria. It is used to cure several allergic conditions. This antihistamine is used in small-animal veterinary practices.

安全性プロファイル

Poison by ingestion, intravenous, and subcutaneous routes. Experimental reproductive effects. Used as an antihistamine. Mutation data reported. When heated to decomposition it emits very toxic fumes of Cland NOx.

Veterinary Drugs and Treatments

Antihistamines are used in veterinary medicine to reduce or help prevent histamine mediated adverse effects. Chlorpheniramine is one the more commonly used antihistamines in the cat for the treatment of pruritus. It may also be of benefit as a mild sedative in small animals due to its CNS depressant effects.

Dosage forms

4 to 6 mg PO q4–6h. Maximum daily dose is 24 mg for adults and children 12 years or older. Found frequently in combination with acetaminophen and pseudoephedrine.

マレイン酸 クロルフェニラミン 上流と下流の製品情報

原材料

準備製品


マレイン酸 クロルフェニラミン 生産企業

Global( 436)Suppliers
名前 電話番号 ファックス番号 電子メール 国籍 製品カタログ 優位度
Cangzhou Wanyou New Material Technology Co.,Ltd
18631714998
sales@czwytech.com CHINA 914 58
Shanghai Bojing Chemical Co.,Ltd.
+86-21-37122233
+86-21-37127788 Candy@bj-chem.com CHINA 497 55
Henan Tianfu Chemical Co.,Ltd.
0371-55170693
0371-55170693 info@tianfuchem.com China 22607 55
Hangzhou FandaChem Co.,Ltd.
008615858145714
+86-571-56059825 fandachem@gmail.com CHINA 9128 55
Rixing Chemical CO.,LTD
13237129059
- info@rixingchemi.com CHINA 229 55
Hubei XinRunde Chemical Co., Ltd.
+8615102730682
02783214688 bruce@xrdchem.cn CHINA 567 55
Hefei TNJ Chemical Industry Co.,Ltd.
+86-0551-65418679
86-0551-65418697 info@tnjchem.com China 3000 55
Shanghai Zheyan Biotech Co., Ltd.
18017610038
zheyansh@163.com CHINA 3623 58
career henan chemical co
+86-0371-55982848
sales@coreychem.com China 29954 58
SHANDONG ZHI SHANG CHEMICAL CO.LTD
+86 18953170293
+86 0531-67809011 sales@sdzschem.com CHINA 2940 58

113-92-8(マレイン酸 クロルフェニラミン)キーワード:


  • 113-92-8
  • 1-(p-Chlorophenyl)-1-(2-pyridyl)-3-dimethy-laminopropanebimaleate
  • 1-Parachlorophenyl-1-(2-pyridyl)-3-dimethylaminopropane maleate
  • 2-Pyridinepropanamine, γ-(4-chlorophenyl)-N,N-dimethyl-, (2Z)-2-butenedioate (1:1)
  • 2-Pyridinepropanamine, γ-(4-chlorophenyl)-N,N-dimethyl-, (Z)-2-butenedioate (1:1)
  • Chlorophenamine
  • Chlorprophenpyridamine maleate
  • Cloropiril
  • Histadur
  • Histaspan
  • Puermin
  • Pyridine, 2-[p-chloro-α-[2-(dimethylamino)ethyl]benzyl]-, maleate (1:1) (8CI)
  • (+-)-Chloropheniramine
  • 1-(p-Chlorophenyl)-1-(2-pyridyl)-3-dimethylaminopropane
  • 2-[p-Chloro-α-[2-(dimethylamino)ethyl]benzyl]pyridine
  • 2-Pyridinepropanamine, γ-(4-chlorophenyl)-N,N-dimethyl-
  • 3-(p-Chlorophenyl)-3-(2-pyridyl)-N,N-dimethylpropylamine
  • 4-Chloropheniramine
  • 9: PN: US20030109453 SEQID: 8 claimed sequence
  • Allergican
  • Chlorophenylpyridamine
  • Chloroprophenpyridamine
  • Chlorprophenpyridamine
  • dl-1-(p-Chlorophenyl)-1-(2-pyridyl)-3-(dimethylamino)propane
  • Haynon
  • RS-Chlorpheniramine
  • γ-(4-Chlorophenyl)-γ-(2-pyridyl)propyldimethylamine
  • 2-(p-chloro-alpha-(2-(dimethylamino)ethyl)benzyl)-pyridin maleate
  • 1-(p-chlorophenyl)-1-(2-pyridyl)-3-n,n-dimethylpropylamine
  • 2-(p-chloro-alpha-(2-(dimethylamino)ethyl)benzyl)-pyridin
  • 2-(p-chloro-alpha-(2-(dimethylamino)ethyl)benzyl)pyridine
  • マレイン酸 クロルフェニラミン
  • マレイン酸クロロプロフェンピリダミン
  • ヒスタール
  • 3-(4-クロロフェニル)-N,N-ジメチル-3-(2-ピリジニル)プロパン-1-アミン·マレイン酸
  • フェニラミン
  • rac-(3R*)-3-(4-クロロフェニル)-N,N-ジメチル-3-(2-ピリジニル)プロパン-1-アミン·マレイン酸
  • ネオベナコン
  • γ-(4-クロロフェニル)-N,N-ジメチル-2-ピリジンプロパン-1-アミン·マレイン酸
  • マレイン酸クロルフェニラミン
  • ネオレスタミン
  • γ-(4-クロロフェニル)-N,N-ジメチル-2-ピリジンプロパン-1-アミン·(Z)-2-ブテン二酸
  • クロル-トリポロン
  • アレルギン
  • クロルフェニラミンマレイン酸塩
  • クロロフェニラミンマレアート
  • ビスミラー
  • マレラミン
  • クロル-トリメトン
  • クロロプロフェンピリダミンマレアート
  • クロダミン
  • ネオレスタール
  • ピリトン
  • dl-マレイン酸クロルフェニラミン
  • プロダミン
  • クロール·トリメトン
  • クロルフェナミンマレアート
  • クロルフェニラミンマレアート
  • 4-クロロ-N,N-ジメチル-γ-(2-ピリジル)ベンゼンプロパン-1-アミン·マレイン酸
  • dl-クロルフェニラミンマレイン酸塩
  • クロルフェナミン
  • (±)-クロルフェニラミンマレイン酸塩
  • (±)-クロルフェニラミン マレイン酸塩
  • (±)- クロルフェニラミンマレイン酸塩
  • マレイン酸クロルフェニラミン, 99%
  • クロルフェニラミンマレイン酸塩 (JP17)
  • 抗ヒスタミン薬成分
  • 生化学
  • 薬理研究用試薬
  • ヒスタミンH1受容体遮断薬
Copyright 2017 © ChemicalBook. All rights reserved