除草剤

除草剤は除莠剤又は殺草剤とも呼ばされる。農地の雑草を除去すると同時に農作物に対して無害な化学薬品である。そのうち有機除草剤は最も広く使用され、最も重要であり,除草剤の使用は現代農業を化学化させる一種の重要な施策である。 19世紀末,ヨーロッパのブドウべと病を防除する時に,ボルドー液がいくつかのアブラナ科の雑草を殺すと同時に禾穀科作物を害することがないということは偶然に見つかった。19世紀末フランス、ドイツ、米国は同時に硫酸と硫酸銅等が除草効果を有することを見つけ,かつそれを小麦等の農地の除草に用い,これは農地の化学薬品による除草の始まりである。1932年有機選択性除草剤のアラクロールが発見し,始めて有機化学除草剤時代に入った。40年代初期2,4-ジクロロフェノキシ酢酸は化学的に合成され,かつ農地の除草に用いられ,その生物活性が高く、選択性が強く、使用範囲が広く、除草効果が著しく,2,4-ジクロロフェノキシ酢酸の影響下で,有機除草剤工業の発展を大幅に促進する。50年代相次いて複数種類の除草剤が開発され,その主な品種は以下のとおりである:カルバミン酸エステル系のプロファム、クロルプロファム;チオカルバメート系のエプタム、ベルノラート、ペブレート等;1,3,5-トリアジン系のシマジン、アトラジン等;安息香酸系のクロランベン;置換尿素系のジウロン等。1959年米国の化学薬品による除草面積はすでに2100万ヘクタールに達する。60年代以降,新規な農薬中で除草剤の数量が最も多く,例えばジニトロアニリン系のトリフルラリン,アミド系のプロパニル、アラクロール,チオカルバメート系のトリアリレート、モルヒネ、チオベンカル,ジフェニルエーテル系のニトロフェン、クロルニトロフェン等,かつ土壌処理剤を主とする。大量の高効率かつ、選択性が強い除草剤の開発は,耕うん栽培制度の変革を引き起こす。70年代米国は総合的雑草管理システム(IWMS)の概念を提出するが、その核心は依然として化学的雑草である。1971年米国のモンサント社はグリホサートを合成し,その使用範囲が広く,環境を汚染せず, 有機リン除草剤の重大な突破である。複数の新規な薬剤の使用及び新たな技術の発展に加えて,除草剤の効果を大いに向上させる。 雑草を除去すると同時に農作物を害さなく又はそれに対する影響が少ない除草剤の作用機序は非常に複雑であり,一般的に以下の三つの機序を有すると考えられる: ① 雑草と作物の薬物に対する異なる生理学的特性を利用する。例えばシマジンがトウモロコシ栽培用地の除草に用いることができ,なぜならトウモロコシ中で一種のシマジンを分解可能な解毒物質を含有し,薬物の吸収量があまり多くなければ,トウモロコシの成長に影響を及ばさないからである。それに対してトウモロコシ栽培用地での雑草はこのような解毒物質を含有せず,少量のシマジンで殺されやすくて除草の目的に達する。 ② 薬物の各種の植物に接着し又は粘着する異なる効果を利用する。例えば灯油は各種の植物を殺すことができる非選択性除草剤であるが,タマネギの葉は円錐形でかつ直立し,それにその外部にワックスが被覆され,吐出された薬液がそれに接着することができないため,タマネギ栽培用地に灯油を散布することによって雑草を除去できる。一般的に幅の狭い葉の薬物吸収量が幅の広い葉より少なく,直立葉の薬物吸収量が水平葉より少なく,深根性の植物の薬物吸収量が浅根性の植物より少ない。 ③ 植物の薬物への異なる吸収能力を利用する。各種の植物の表皮に異なる保護組織があるため,薬物をその表皮に散布した後に薬物への吸収量が異なる。薬物は表皮に厚いワックスが被覆される植物に浸透しにくいため,植物を害することがない。 除草剤の作用機序は様々であるが,いずれも植物の生理・生化学的プロセス例えば呼吸作用、光合成作用、生体物質の合成等に対してある抑制作用、阻害作用又は干渉作用を果たすことにより,雑草を正常に成長させずに死滅させる。近年各種の死滅機序は広く検討され,これにより効率が高く、毒性が低く、選択性が強い多くの新規な除草剤を合成する。世界範囲で除草剤の使用量は農薬の総量の40%を占め,中国は10~20%を占めるに過ぎない。除草剤を使用する時に濃度、投与量及び投薬時期を正確に把握する必要があり,そうでなければ作物に深刻な薬害を与え,作物を異常成長させ,さらに萎れて死んでしまうおそれがある。ある除草剤は魚類、貝類に対して為害性を有する。ある除草剤は土壌処理に用いられれば土壌中の微生物の増殖に影響を及ばす。また長時間にわたって一種の除草剤を使用すれば雑草の耐薬品性を引き起こす可能性がある。  化学除草剤の使用は,大きな社会効果と経済効果をもたらすが,それと同時にある除草剤は作物にさまざまな程度の薬害(特に近年開発されてきた超高効率除草剤例えばスルホニルウレア系除草剤が後作作物に薬害を与える)を与え且つ雑草種群を変化させ,これによりさまざまな程度の経済的損失をもたらす。そのため,中国は新規な除草剤を開発すると同時に,除草剤の複合製剤の研究と開発を強化する。1996.8~1997.7期間中国で出願した除草剤に関する90以上の特許中で,複合除草剤に関する特許は80以上ある。また,除草剤の解毒剤、効力増強剤、除草剤の作用機序、選択性原理及び合理的な使用技術に対して鋭意検討を行っている。
Click on the specific product, view the latest prices of the products, information, serving information
Structure Chemical Name CAS MF
フロラスラム フロラスラム 145701-23-1 C12H8F3N5O3S
2-アミノ-4-クロロベンゾチアゾール 2-アミノ-4-クロロベンゾチアゾール 19952-47-7 C7H5ClN2S
4-クロロベンゾトリクロリド 4-クロロベンゾトリクロリド 5216-25-1 C7H4Cl4
O-エチルヒドロキシルアミン塩酸塩 O-エチルヒドロキシルアミン塩酸塩 3332-29-4 C2H8ClNO
2-ベンゾオキサゾリノン 2-ベンゾオキサゾリノン 59-49-4 C7H5NO2
2-オキソ-3,3-ジメチルブタン酸 2-オキソ-3,3-ジメチルブタン酸 815-17-8 C6H10O3
2-アミノ-4-メトキシ-6-メチル-1,3,5-トリアジン 2-アミノ-4-メトキシ-6-メチル-1,3,5-トリアジン 1668-54-8 C5H8N4O
2-クロロニコチン酸 2-クロロニコチン酸 2942-59-8 C6H4ClNO2
メチル=3-クロロ-5-(4,6-ジメトキシ-2-ピリミジニルカルバモイルスルファモイル)-1-メチルピラゾール-4-カルボキシラート メチル=3-クロロ-5-(4,6-ジメトキシ-2-ピリミジニルカルバモイルスルファモイル)-1-メチルピラゾール-4-カルボキシラート 100784-20-1 C13H15ClN6O7S
2-メトキシ-4-メチル-6-(メチルアミノ)-1,3,5-トリアジン 2-メトキシ-4-メチル-6-(メチルアミノ)-1,3,5-トリアジン 5248-39-5 C6H10N4O
2,6-ジクロロベンゾオキサゾール 2,6-ジクロロベンゾオキサゾール 3621-82-7 C7H3Cl2NO
2,5-ジクロロフェノール 2,5-ジクロロフェノール 583-78-8 C6H4Cl2O
2,3-ピリジンジカルボン酸 2,3-ピリジンジカルボン酸 89-00-9 C7H5NO4
2,6-ジクロロベンゾチアゾール 2,6-ジクロロベンゾチアゾール 3622-23-9 C7H3Cl2NS
2,4-ジクロロベンゾイルクロリド 2,4-ジクロロベンゾイルクロリド 89-75-8 C7H3Cl3O
2-クロロベンジル クロリド 2-クロロベンジル クロリド 611-19-8 C7H6Cl2
シクロプロピルアミン シクロプロピルアミン 765-30-0 C3H7N
4,6-ジクロロ-2-フェニルピリミジン 4,6-ジクロロ-2-フェニルピリミジン 3740-92-9 C10H6Cl2N2
クロランスラムメチル標準液 クロランスラムメチル標準液 147150-35-4 C15H13ClFN5O5S
(R)-2-[4-[(6-クロロベンゾオキサゾール-2-イル)オキシ]フェノキシ]プロパン酸エチル (R)-2-[4-[(6-クロロベンゾオキサゾール-2-イル)オキシ]フェノキシ]プロパン酸エチル 71283-80-2 C18H16ClNO5
2-ブロモプロパン 2-ブロモプロパン 75-26-3 C3H7Br
2-(4-クロロ-6-エチルアミノ-1,3,5-トリアジン-2-イル)アミノ-2-メチルプロピオノニトリル 2-(4-クロロ-6-エチルアミノ-1,3,5-トリアジン-2-イル)アミノ-2-メチルプロピオノニトリル 21725-46-2 C9H13ClN6
2-メルカプトベンゾチアゾール 2-メルカプトベンゾチアゾール 149-30-4 C7H5NS2
オクタン酸ブロモキシニル オクタン酸ブロモキシニル 1689-99-2 C15H17Br2NO2
N-エチル-N'-tert-ブチル-6-クロロ-1,3,5-トリアジン-2,4-ジアミン N-エチル-N'-tert-ブチル-6-クロロ-1,3,5-トリアジン-2,4-ジアミン 5915-41-3 C9H16ClN5
4-クロロベンゾチアゾール-2(3H)-オン 4-クロロベンゾチアゾール-2(3H)-オン 39205-62-4 C7H4ClNOS
(3,5,6-トリクロロ-2-ピリジルオキシ)酢酸 (3,5,6-トリクロロ-2-ピリジルオキシ)酢酸 55335-06-3 C7H4Cl3NO3
3-(4-クロロフェニル)-1,1-ジメチル尿素 3-(4-クロロフェニル)-1,1-ジメチル尿素 150-68-5 C9H11ClN2O
1-メチル-3-(3-トリフルオロメチルフェニル)-5-フェニルピリジン-4(1H)-オン 1-メチル-3-(3-トリフルオロメチルフェニル)-5-フェニルピリジン-4(1H)-オン 59756-60-4 C19H14F3NO
N,N-ジイソブチルチオカルバミド酸S-エチル N,N-ジイソブチルチオカルバミド酸S-エチル 2008-41-5 C11H23NOS
クロジナホッププロパルギルエステル標準品 クロジナホッププロパルギルエステル標準品 105512-06-9 C17H13ClFNO4
2-アミノスルホニル-N,N-ジメチルニコチンアミド 2-アミノスルホニル-N,N-ジメチルニコチンアミド 112006-75-4 C8H11N3O3S
2,4-ジクロロ-5-ニトロフェノール 2,4-ジクロロ-5-ニトロフェノール 39489-77-5 C6H3Cl2NO3
3-アミノ-2,5-ジクロロ安息香酸 3-アミノ-2,5-ジクロロ安息香酸 133-90-4 C7H5Cl2NO2
4-アミノ-2-クロロトルエン 4-アミノ-2-クロロトルエン 95-74-9 C7H8ClN
ジクロホップ(Diclofop) ジクロホップ(Diclofop) 51338-27-3 C16H14Cl2O4
2-(5-オキソ-4-メチル-4-イソプロピル-1H-イミダゾール-2-イル)ピリジン-3-カルボン酸 2-(5-オキソ-4-メチル-4-イソプロピル-1H-イミダゾール-2-イル)ピリジン-3-カルボン酸 81334-34-1 C13H15N3O3
4-ニトロクメン 4-ニトロクメン 1817-47-6 C9H11NO2
5-ブロモ-3-sec-ブチル-6-メチルウラシル 5-ブロモ-3-sec-ブチル-6-メチルウラシル 314-40-9 C9H13BrN2O2
1-(5-tert-ブチル-1,3,4-チアジアゾール-2-イル)-1,3-ジメチル尿素 1-(5-tert-ブチル-1,3,4-チアジアゾール-2-イル)-1,3-ジメチル尿素 34014-18-1 C9H16N4OS
2(3H)-ベンゾチアゾロン 2(3H)-ベンゾチアゾロン 934-34-9 C7H5NOS
2,3,6-トリクロロ安息香酸 2,3,6-トリクロロ安息香酸 50-31-7 C7H3Cl3O2
N,N'-ジイソプロピル-6-メトキシ-1,3,5-トリアジン-2,4-ジアミン N,N'-ジイソプロピル-6-メトキシ-1,3,5-トリアジン-2,4-ジアミン 1610-18-0 C10H19N5O
フルメツラム標準品 フルメツラム標準品 98967-40-9 C12H9F2N5O2S
2-(アミノスルホニル)安息香酸エチル 2-(アミノスルホニル)安息香酸エチル 59777-72-9 C9H11NO4S
[(4-アミノ-3,5-ジクロロ-6-フルオロピリジン-2-イル)オキシ]酢酸 [(4-アミノ-3,5-ジクロロ-6-フルオロピリジン-2-イル)オキシ]酢酸 69377-81-7 C7H5Cl2FN2O3
2,3-ジクロロプロパンニトリル 2,3-ジクロロプロパンニトリル 2601-89-0 C3H3Cl2N
2,6-ジクロロキノキサリン 2,6-ジクロロキノキサリン 18671-97-1 C8H4Cl2N2
6-クロロキノキサリン-2-オール 6-クロロキノキサリン-2-オール 2427-71-6 C8H5ClN2O
2-アミノ-4,6-ジメトキシ-1,3,5-トリアジン 2-アミノ-4,6-ジメトキシ-1,3,5-トリアジン 16370-63-1 C5H8N4O2
ヨドスルフロンメチルナトリウム ヨドスルフロンメチルナトリウム 144550-36-7 C14H13IN5NaO6S
3-クロロアニリン 3-クロロアニリン 108-42-9 C6H6ClN
2-クロロベンゾチアゾール 2-クロロベンゾチアゾール 615-20-3 C7H4ClNS
1,3-ジメチル-1H-ピラゾール 1,3-ジメチル-1H-ピラゾール 694-48-4 C5H8N2
2-クロロ-2',6'-ジメチルアセトアニリド 2-クロロ-2',6'-ジメチルアセトアニリド 1131-01-7 C10H12ClNO
(4-クロロ-2-メチルフェノキシ)酢酸 (4-クロロ-2-メチルフェノキシ)酢酸 94-74-6 C9H9ClO3
イソキサフルトール標準品 イソキサフルトール標準品 141112-29-0 C15H12F3NO4S
2,4-ジクロロフェノキシ酢酸·ジメチルアミン 2,4-ジクロロフェノキシ酢酸·ジメチルアミン 2008-39-1 C10H13Cl2NO3
ジクロスラム ジクロスラム 145701-21-9 C13H10Cl2FN5O3S
2-エチルアクロレイン 2-エチルアクロレイン 922-63-4 C5H8O
1,1'-ジメチル-4,4'-ビピリジニウムジクロリド水和物 1,1'-ジメチル-4,4'-ビピリジニウムジクロリド水和物 1910-42-5 C12H14Cl2N2
3,6-ジクロロ-2-ヒドロキシ安息香酸 3,6-ジクロロ-2-ヒドロキシ安息香酸 3401-80-7 C7H4Cl2O3
エトキシスルフロン エトキシスルフロン 126801-58-9 C15H18N4O7S
1,1-ジクロロピナコリン 1,1-ジクロロピナコリン 22591-21-5 C6H10Cl2O
アミカルバゾン アミカルバゾン 129909-90-6 C10H19N5O2
7-クロロ-8-メチルキノリン 7-クロロ-8-メチルキノリン 78941-93-2 C10H8ClN
フェニルカルバミン酸イソプロピル フェニルカルバミン酸イソプロピル 122-42-9 C10H13NO2
トラルコキシジム トラルコキシジム 87820-88-0 C20H27NO3
6-メチルヘプチル=(2,4-ジクロロフェニルオキシ)アセタート 6-メチルヘプチル=(2,4-ジクロロフェニルオキシ)アセタート 25168-26-7 C16H22Cl2O3
2,4-ジクロロ-5-イソプロピルオキシフェニルアミン 2,4-ジクロロ-5-イソプロピルオキシフェニルアミン 41200-96-8 C9H11Cl2NO
3-(3,4-ジクロロフェニル)-1-(メトキシメチル)尿素 3-(3,4-ジクロロフェニル)-1-(メトキシメチル)尿素 330-55-2 C9H10Cl2N2O2
rac-(2R*)-2-エトキシ-2,3-ジヒドロ-3,3-ジメチル-5-(メチルスルホニルオキシ)ベンゾフラン rac-(2R*)-2-エトキシ-2,3-ジヒドロ-3,3-ジメチル-5-(メチルスルホニルオキシ)ベンゾフラン 26225-79-6 C13H18O5S
3-(カルバニロイルオキシ)カルバニル酸エチル 3-(カルバニロイルオキシ)カルバニル酸エチル 13684-56-5 C16H16N2O4
1-[3-(トリフルオロメチル)フェニル]-3-クロロ-4-(クロロメチル)ピロリジン-2-オン 1-[3-(トリフルオロメチル)フェニル]-3-クロロ-4-(クロロメチル)ピロリジン-2-オン 61213-25-0 C12H10Cl2F3NO
2-クロロ-4,6-ビス(イソプロピルアミノ)-1,3,5-トリアジン 2-クロロ-4,6-ビス(イソプロピルアミノ)-1,3,5-トリアジン 139-40-2 C9H16ClN5
2-(2-クロロエトキシ)-N-[(4-メトキシ-6-メチル-1,3,5-トリアジン-2-イルアミノ)カルボニル]ベンゼンスルホンアミド 2-(2-クロロエトキシ)-N-[(4-メトキシ-6-メチル-1,3,5-トリアジン-2-イルアミノ)カルボニル]ベンゼンスルホンアミド 82097-50-5 C14H16ClN5O5S
3,5-ジブロモ-4-ヒドロキシベンゾニトリル 3,5-ジブロモ-4-ヒドロキシベンゾニトリル 1689-84-5 C7H3Br2NO
2-クロロ-4,6-ジアミノ-1,3,5-トリアジン 2-クロロ-4,6-ジアミノ-1,3,5-トリアジン 3397-62-4 C3H4ClN5
トリフロキシスルフロンナトリウム トリフロキシスルフロンナトリウム 199119-58-9 C14H13F3N5NaO6S
キノリン-2,3-ジカルボン酸 キノリン-2,3-ジカルボン酸 643-38-9 C11H7NO4
2-(アミノスルホニルメチル)安息香酸メチル 2-(アミノスルホニルメチル)安息香酸メチル 112941-26-1 C9H11NO4S
2-(5-イソプロピル-5-メチル-4-オキソ-2-イミダゾリン-2-イル)-3-キノリンカルボン酸 2-(5-イソプロピル-5-メチル-4-オキソ-2-イミダゾリン-2-イル)-3-キノリンカルボン酸 81335-37-7 C17H17N3O3
メソスルフロンメチル メソスルフロンメチル 208465-21-8 C17H21N5O9S2
N-(3-クロロフェニル)カルバミド酸4-クロロ-2-ブチニル N-(3-クロロフェニル)カルバミド酸4-クロロ-2-ブチニル 101-27-9 C11H9Cl2NO2
トリフロキシスルフロン トリフロキシスルフロン 145099-21-4 C14H14F3N5O6S
1,4-ジメチル-1H-ピラゾール 1,4-ジメチル-1H-ピラゾール 1072-68-0 C5H8N2
チオ炭酸O-(3-フェニル-6-クロロピリダジン-4-イル)S-オクチル チオ炭酸O-(3-フェニル-6-クロロピリダジン-4-イル)S-オクチル 55512-33-9 C19H23ClN2O2S
(R)-2-[4-[(6-クロロベンゾオキサゾール-2-イル)オキシ]フェノキシ]プロピオン酸 (R)-2-[4-[(6-クロロベンゾオキサゾール-2-イル)オキシ]フェノキシ]プロピオン酸 113158-40-0 C16H12ClNO5
イソチオシアン酸メチル イソチオシアン酸メチル 556-61-6 C2H3NS
2クロロ5ニトロベンゼンスルホン酸 2クロロ5ニトロベンゼンスルホン酸 96-73-1 C6H4ClNO5S
N-(1-エチルプロピル)-2,6-ジニトロ-3,4-キシリジン N-(1-エチルプロピル)-2,6-ジニトロ-3,4-キシリジン 40487-42-1 C13H19N3O4
2,2-ジクロロプロピオン酸 2,2-ジクロロプロピオン酸 75-99-0 C3H4Cl2O2
2-[1-(エトキシイミノ)ブチル]-5-[2-(エチルチオ)プロピル]-3-ヒドロキシ-2-シクロヘキセン-1-オン 2-[1-(エトキシイミノ)ブチル]-5-[2-(エチルチオ)プロピル]-3-ヒドロキシ-2-シクロヘキセン-1-オン 74051-80-2 C17H29NO3S
フェノキサプロップ-エチル標準品 フェノキサプロップ-エチル標準品 66441-23-4 C18H16ClNO5
6-クロロ-N'-イソプロピル-1,3,5-トリアジン-2,4-ジアミン 6-クロロ-N'-イソプロピル-1,3,5-トリアジン-2,4-ジアミン 6190-65-4 C6H10ClN5
炭酸 ジメチル 炭酸 ジメチル 616-38-6 C3H6O3
CS_N-11999-100MG_フルオログリコフェンエチル CS_N-11999-100MG_フルオログリコフェンエチル 77501-90-7 C18H13ClF3NO7
2-メチル-6-エチルアニリン 2-メチル-6-エチルアニリン 24549-06-2 C9H13N
2-(エチルアミノ)-4-(tert-ブチルアミノ)-6-(メチルチオ)-1,3,5-トリアジン 2-(エチルアミノ)-4-(tert-ブチルアミノ)-6-(メチルチオ)-1,3,5-トリアジン 886-50-0 C10H19N5S
2-(1-メチルプロピル)-4,6-ジニトロフェノール 2-(1-メチルプロピル)-4,6-ジニトロフェノール 88-85-7 C10H12N2O5
ホームページ | メンバー | 広告掲載 | お問い合わせ
Copyright © 2016 ChemicalBook All rights reserved.